オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

エトセトラ

「只今、断捨離中!」

家の物の総片付けをやっているが、かなり整理が進んでいる。一番、気になっていたランニングマシーンは今まで色々な人達に声をかけて「要らないか?」と聴いてきたが、みんな置くところがないということで断られ続けてきた。リサイクル・ショップにも電話し…

「断捨離?」

今、自分の物の整理と廃棄を行っている。とにかく、「いつか、使うことがあるかもしれない」ということで、なんでも取っておいた物が膨大な量になってしまった。物置には、色んな電化製品やオーディオやパソコン関係の外箱がたくさん積まさっている。この外…

「アベノマスク、ついに到着!」

もうすっかり忘れていたら、昨日の午後に届いた。このアベノマスクは、今時点でまだ4割しか各家庭に届いていないようだ。しかも、このアベノマスクの調達費用と配送費用で、260億円もかかっているという。当初の政府の発表では、466億円ということだったが…

「上昇相場は、相乗り?」

50歳の頃から、60歳位までの10年間くらい、株のトレードをやっていた。それで、リーマンショックのときに大損をしてから、なんとかそれを取り返そうと色々なトレード方法を試みてきたが、ことごとく上手く行かなかった。デイトレード、中期、長期、最後はシ…

「黄色い花の臭いは、鼻の臭い」

晴れていると、もっとキレイなのだが。 江別から、南幌方面や長沼方面、栗山方面を走ると、ずっと畑が広がっているが、辺り一面に黄色の多くの花が咲いていて、すごくキレイだ。なんの花かと思ってネットで調べてみたら「何んの花?」は、「菜の花(なの花)…

「大阪では世話になったな」

最近、田舎の同級生が亡くなった。20代前半の頃、その同級生は当時大阪に住んでいて、自分は四国に観光に行った帰りに、事前の連絡もなしで、到着した空港から電話した。何の気なしにぶらっと大阪に寄ってみたのだが、同級生が居ることを思い出し、会社の寮…

「その後の株取引」

今年の2月10日と3月9日に、同一銘柄を買ってそのまま現在まで保有しているが、当時は含み損が約1万円だったが、今は逆に含み益が1万円ほどになった。つい少し前までは、含み益が2万5千円まで行ったが、その後下がった。投資額が約17万円なので、利益も損失も…

「メガネは、長~い友達」

中学生の頃から目が悪くなったが、その頃は田舎にいたので、旭川の有名な「富士メガネ」に親に連れていかれて、メガネを作ってもらってかけていた。それ以来、ずっと「富士メガネ」御用達だったが、去年、価格が安いメガネスーパー店のことをテレビの特集で…

「切れる、切れる、中国製マスク」

ラジオのネット通販で買った3箱の内の1箱だが、マスクの耳かけのゴムがマスク本体からブチッとすぐ外れる。まあ、使い捨てだから、その日なんとかもってくれたらいいと割り切っているが、とにかくよく切れる。以前の職場の同僚Y氏が、会社から支給されたマス…

「新しいイスが、到着した~!」

昨日、ブログに書いていたら、予定よりも早く今日、到着した。でかい段ボール箱に入って来たので、重量も結構あり、2階の自室に運ぶのは大変だった。腰を痛める前なら、階段でも強引に持ち上げて持って行ったのだけれど、腰を痛めてからはそんなことは到底…

「楽な椅子」

普段は机の上のパソコンのディスプレイに向かっていることが多いので、イスに座っていることが多い。3年前に腰を悪くしたこともあって、本当はあまり良いことではないのだが、机の隣に置いてあるテレビを観るときも同じイスに座って、以前は机の上に足を上げ…

「なんじゃ?この髪型は」

昨日、久しぶりに馴染みの床屋に行った。床屋といっても、チェーン店の床屋さんだ。席が6席くらいあって、理容師さんも日によって3~5人位いる。ここは、早くて安いのでいいのだが、ただ毎回どの理容師さんに当たるか分からず、もちろん指名などできない。…

「マスクくらい、付けろやなあ!」

4月から、長沼町のうどん屋「ほくほく庵」が開いているはずなので、食べに行こうかと思ってネットのホームページを見てみたら、「コロナウィルスのため、5月も休みます」と書いてあり、ガッカリした。これからコロナウィルスは少しはおさまって、6月から開店…

「こんなんで、大丈夫?」

しかし、466億円を投じたという「アベノマスク」はどうなったのだろう? まったく音沙汰がない。支給金はそろそろらしいが。アベノマスクには、首相としての資質がないのではないか。すべてが官僚主導になっていて、前にも書いたが米国は国立感染研究所長の…

「愛犬“キートン”との生活」

家に連れて来た時には小さくて、手のひらに乗る大きさだった。小さな紙の箱に入れて持ち帰ったが、プルプルとずっと震えていた。当初の頃は、夜は泣いてばかりいたので、女房が隣でずっと一緒に寝ていた。「キートン」という名前は、当時家族みんなで愛読し…

「愛犬“キートン”との出会い」

キートンが亡くなってから、6年経つ。結婚してから犬を飼おうとは、それまで一度も考えたことがなかったが当時、子供達が小学校の高学年になっていて、「我が家には、何かうるおいが足りないなあ」と夜寝ながら考えていたら、「そうだ!犬を飼おう」と突然ひ…

「今年の花見は?」

桜の花見は、特に見に行こうと思って行ったことは今までなく、街中を走っていたら時々神社などに桜が見事に咲いているのを見て、きれいなもんだなあと思ったくらいだ。前職の同僚から、素晴らしい桜の見所があると教えてもらったが、そこは自分も数年前から…

「今回の連休の過ごし方」

新型コロナウィルスのおかげで、この連休も自粛で実に静かな休みになりそうだ。ホントに、世界的に大変なことになっている。このような映画を以前、何度か観たような気がする。それが今、現実になっているのだから驚く。実は私事だが、4月いっぱいで今の職場…

「NHKの“ファミリー・ヒストリー”」

「ファミリー・ヒストリー」の面白かったゲストの時の番組を、DVDにコピーして残している。「ファミリー・ヒストリー」はゲストにもよるが、ほとんど感動することばかりだ。この番組を観ていていつも思うのは、今自分がこうして居るのも両親や先祖が、色々な…

「不思議なこと」

5年前の話になるが、不思議なことがあった。自分の父親の命日の日のことだ。女房は朝から仕事に出かけたので、一人で昼飯を食べた後にソファに横になり、録画した連続TVドラマを観ていた。段々と面白くなってずっと観ていたのだが、今日は父親の命日なので線…

「内田裕也氏が消えた!」

去年の3月に亡くなった内田裕也氏のことで、いまだに思い出すことがある。自分が学生のとき、下宿のTVでたまたま昼の奥さん向け番組をやっていたのを観たら、当時まだロックバンドのボーカルで歌っていた、内田裕也氏がゲストとして出演した。そして、他のメ…

「簡単な、官僚の世論操作」

「首相官邸記者クラブ」というものがある。ここで、各新聞社や各メディアに政府の方針や色々な情報を発進しているが、そのためにどの新聞社もメディアも同じような内容の記事ばかりになっている。これは、例えば政府を批判するような記事を書くと、記者クラ…

「あまりにもひどい、安倍とアホウ」

今日のネットのニュースに、ソフトバンクの孫正義氏がツイッターに「米国ではコロナとの戦いで、国立感染研究所長ファウチ博士に陣頭指揮を委ねている。なぜ日本では経済再生担当大臣に指揮させてるのかなぁ...」と書いたそうだ。まったくもって、なんでこん…

「ユダヤ人のDNAか?」

自分は昔から不思議なことに、ユダヤに関することに強い関心があり、今もそれに関する本や映画やTVなどにも興味を持ってよく見ている。自分でもなんでこんなに関心があるのだろうかと不思議に思うのだが、最初に興味を持ったのはいつ頃からなのだろうか。友…

「老人ホームの管理人」

今まで2ヶ所の特養老人ホームの管理人と土日祝日の受付をやった。最初の老人ホームでの管理人の仕事の時は、入居者が行きつけの病院に行く時の送迎、ボイラーや貯水槽や風呂の塩素の点検、二階三階の介護詰所への備品の配達、施設の窓の清掃、各階のフロア…

「鮮度の悪い、ブログ」

去年の8月1日にこのブログを始めてから、約8ヶ月が経つ。早いものだ。当初は、ボケ防止のためにワープロを使ってブログに記事を書いていくことが目的だった。手や指を動かすことでボケ防止になるということを聞いていたので、何かできることはと考えたのが、…

「ロト7で、大当たり?」

今日辺り、都内の感染者が急増しているので、国から緊急宣言が表明されるかもしれないそうだ。この先どうなって行くのか、先行きがまったく見えないので不安が募るばかりだ。しかし、こんなときこそ前向きに考えていかないとダメなのだろう。 ということで、…

「Amazonのキャンセル手続き」

Amazonからどうなったのかあれから連絡がないので、昨晩Amazonのサイトから注文履歴を見て、うっかり返品手続きをしてしまった。すると、返品手続きの方法がEメールで来た。しかし、それで返品手続きをしてしまうということになると、商品が届くのを待って、…

「いつまでも上達しない、将棋」

将棋は、小学校のときからやっている。最初は、折り畳み式の盤とプラスチックの駒でやっていた。本当の将棋だけでなく、その駒を使ったゲームも色々とやって遊んでいた。今は、専用の将棋ソフトを買ってパソコンにインストールしてやっている。その将棋ソフ…

「最近、麻雀にはまっている」

自分の父は麻雀狂いで、「勝負は、賭けないと面白くない」と言って、賭け麻雀ばかりやっていた。もう時効だからいいだろうけど、自分が小学生の頃に父は商売をやっていたので、発注業者の人達と頻繁に接待麻雀をやっていたが、今日は幾ら負けると言って、札…