オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「楽な椅子」

f:id:yoisyotto:20200520192047p:plain

普段は机の上のパソコンのディスプレイに向かっていることが多いので、イスに座っていることが多い。3年前に腰を悪くしたこともあって、本当はあまり良いことではないのだが、机の隣に置いてあるテレビを観るときも同じイスに座って、以前は机の上に足を上げて観ていたが、途端に腰をやられた。次第に腰が痛み出して、最後は夜も寝られないくらいひどくなった。

それからテレビを観る時は極力、机の上に足を上げないようにしているが、今度は机の下に置いてある、タワー型パソコン本体の上に足を乗せている。今のイスは、背もたれの高さが背中の中くらいしかないので、背もたれにもたれると肩や首に負担がかかり、腰との間も空いてしまうので、腰にも負担がかかってしまって、また腰を悪くするとまずいなあとずっと考えていた。

それで、頭のところまで背もたれがあって頭を支えることが出来て、後ろに倒して仰向けに仮眠することも出来るイスをずっと考えていたが、今回、国からの支給金が10万円出るということなので、思い切って買うことにした。例の如く、ネットで「パソコン イス お薦め」と打ち込んで検索すると、それに関する色々なサイトが出てくるので、その中のお薦め商品から選んでみた。

たいがいは、それらの商品はアマゾンとか楽天市場とかのサイトに飛ぶようにリンクされているが、自分はAmazon専門なのでAmazonでその製品を見て、同時にレビューも見てから検討している。Amazonのレビューは、中には業者やら中国人の偽レビューもあるが、いいというのも悪いというのも両方載せてあるので、だいたいの目安にはなる。

ちなみに、他の販売業者サイトのレビューは、「発送が早かった」だの、「梱包がきちんとされていた」というレビューばかりで、肝心の商品レビューがなく、客のニーズがまったく分かっていない。この辺も、Amazonの独り勝ちの要因だと思う。

先般、或るTV番組で、Amazonの創業者兼CEOのジェフ・ベゾスがインタビューに答えていて、「あくまでも、客目線を第一に考えている」と言っていた。さらに同じ番組で、アイリスオーヤマの大山会長も「客が買いたいと思う価格が第一だ」と同じことを言っていた。すごい勢いで利益を上げているトップは、考え方が違う。この当たり前のようなことが出来なくて、ダメになっていったのが日本の超一流電機メーカーだ。

色々なイスの中に、ゲーミングチェアという聴き慣れないイスがあったが、これはゲームを長時間ずっとやる人達が使うようで、確かに快適で疲れないようになっているのだから、これでいいだろうと思った。レビューも、この価格ではすごくいいという評価が多く、Amazonの中ではベストセラー1位の商品になっていたので、これに決めた。価格は、税込み、送料込みで¥20,800円だ。

後は来るのを待つだけだが、果たしてどんなものが来るのだろうか。ところで先般、或るテレビを観ていたら、中古のオフィス用品の会社で今、結構高額なイスが平常の5倍も売れているそうだ。それは、今回のコロナウィルスの影響でテレワークが増えたため、自宅で仕事をするために購入しているようだ。しかし、コロナウィルスの影響で、何が売れるか分からないものだ。

ただ、注文はあって運搬する車もあるが、それを運ぶドライバーがいないとも言っていた。2年前に自分も少しだけ、各スーパーに商品を配送する職場で働いていたが、そのときにものすごい配送トラックの台数に驚いた。しかし、そのトラックの運転手が不足していて、若い人の成り手がなく、運転手の年齢がどんどん上がっていて、このままでは、いずれ運転手がいなくなるだろうという話を聞いた。運転する人がいなくなると、物流の形態がまったく変わるのだろう。コロナ後の仕事の形態といい、この先、どんな社会になって行くのだろうか。