オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「ワクチン接種率が、2.6%?」

昨日、NHKのテレビで、先進国や他の国と比べた日本のワクチン接種率というのをやっていたが、トップのイギリスなどは、国民の半数の50%以上のワクチン接種率で、もうマスクを外して外出したり、飲食店での食事も元通りになってるそうだ。米国も約45%で…

「ささやかな毎日が、本当は~♪」

いつも買い物に行くマックスバリューの店内に流れる歌がある。ずっと流れているので、そのメロディを覚えたが、歌詞の意味も考えるようになった。「ささやかな毎日が~♪、本当は尊くて~♫」と始まるが、深いなあと思うようになった。初期高齢者になったせい…

「趣味は、日曜大工」

3日前から、以前作って使わなくなっていた小さな収納ボックスを少し改造して、引き出しを3つ追加することにした。今までは一番下にだけ引き出しがあって、その上部には引き出しはなかった。今回は、その上部にも引き出しを3つ入れるようにした。 引き出しの…

「メガネにマスクは、曇る」

今回のコロナウィルスで、外ではほとんどマスクをするようになったが、メガネをかけているとメガネが曇って仕方がない。外から室内に入ると、メガネが曇ってなにも見えなくなる。何度も何度もメガネを外して拭く。メガネのくもり止めスプレーや、ウェットシ…

「ワクチン予約、ぎりぎりセーフ!」

江別市のワクチン接種の電話受付予約は、5月26日の午前8時45分からだった。8時半頃から電話をしていたが、すぐ切れるので、やはり時間通りかと思って、時間になってからすぐ電話した。 しかし、それからずっと昼まで、電話がまったくつながらない。5分に1回…

「オムツ交換、危機一髪!」

先般、孫2人を自分1人で預かることになったことを書いた。ところが、女房はこの日の朝早くに登山に行く予定でいたが、天候が悪くて中止になり、家にいることになった。それで、残念ながらオムツ交換はやらなくても良くなった。孫2人とも男の子なので、100円…

「ゴミステーションの囲い」

我が班のゴミステーションに、ゴミ袋を積み重ねて置きやすいように、網パネルで囲いを作った。今までのネットだけだと、ゴミ袋がはみ出たり、上に重ねるのが難しかった。それで、折りたたみ式で、囲いの大きさも調節できて、ゴミ袋も重ねやすいようにした。…

「ロックバンドの仲たがい」

キース・リチャーズの自伝を読んでいて、色々なことが分かった。ビートルズは、他のバンド同様に、後半は仲間割れをして解散してしまったが、ローリング・ストーンズは、ブライアン・ジョーンズが亡くなったり(その前に辞めさせられている)、ビル・ワイマ…

「キース・リチャーズ自伝 LIFE」

最近、夢中になったのが、図書館から借りた「キース・リチャーズ自伝 LIFE」だ。620ページもあり、本の厚さが4センチもある大きくて重い本だが、読み出したら止められなくなった。昔からビートルズ・ファンで、ローリング・ストーンズにはそれほど関心がなか…

「孫のオシメ交換」

次男坊の奥さんが、友人の結婚式に出席するので、孫2人を我が家で預かることにした。次男坊は仕事があって午後5時に帰って来るので、午後2時から3時間の預かりだ。女房は登山の予定で、朝早くに出かけて夕方過ぎに帰ってくるので、自分1人で孫2人の面倒をみ…

「美味いパンケーキ! ”むさし野珈琲”」

以前、次男坊家族を誘って昼食に行った。パンケーキが有名な、札幌市清田区北野にある「むさし野珈琲 北野店」だ。ここは、友人U氏に連れて行ってもらった店だ。このパンケーキの店は道内2号店で、1号店は西区二十四軒にある。調べてみたら、「すかいらーく…

「ゴボウ茶で、快便!」

小さい頃から20代まで、ずっと胃弱というのか、下痢ばかりしていた。それが30代になってから治ってきて、快便状態が続いていた。しかし、60歳を過ぎると、今度は便秘に悩まされるようになった。まさか便秘に悩まされるとは、思いもしなかった。 かなり頑固な…

「いつになるのか、ワクチン接種」

数日前に、江別市から「新型コロナワクチン接種のお知らせ」の郵便が来た。書類を読んでみたが、よく分からないので、「江別市新型コロナワクチン・コールセンター」に電話してみた。すると、自分のような高齢者は、4月26日から予約が始まるので、その日に電…

「少年よ大志を抱け!」の続き

この前、北海道テレビ局の夕方の番組を観ていたら、キャスターが何かの時に「”少年よ大志を抱け!この年寄のごとく”ですね」と言っていたのを聴いて、「あれ?」と思った。クラーク博士が言ったのは、「少年よ大志を抱け!」だけじゃなくて、続きがあったの…

「素晴らしい図書館があった!」

灯台もと暗しとは、このことか! 前回、江別市内にある「北海道立図書館」と「江別情報図書館」のことを書いたが、その後、我が家から車で片道25分程の北広島市にある「北広島市図書館」に、興味本位で行ってみた。地図で確認すると「芸術文化ホール」と同じ…

「中高齢者の憩いの場、図書館」

江別市には、図書館が2つある。1つは「北海道立図書館」で、元は札幌市中央区にあったが、今から54年前の1967年に、今の江別市文京台に移転したそうだ。道立図書館なのに何故、札幌市でなくて江別にあるのか、以前から不思議に思っていた。 調べてみると、…

「自分だけが、蚊帳の外」

足の骨折で昨年末から札幌市内の病院に入院していた長男が、数日前に退院した。いや、退院したそうだ。病院に面会に行っても、コロナのせいで会うことが出来ないので、ラインで何度か連絡を取り合っていた。その間、長男は暇なようで、「小遣い程度で、何か…

「前にも言ったと思うけど…」

旭川に住んでいる友人と、毎日のようにラインでやりとりをしていて、たまに電話で話すこともある。お互いに、高齢者の仲間入りになったので、高齢者の特徴である「同じことを何度も言う」のを、気にするようになって来た。実際に、自分自身でも同じことを言…

「果たして、ボケるのか?」

寿命には、「平均寿命」と「健康寿命」と言われるものがある。介護を受けたり、寝たきりにならないで、日常生活を送れる期間を「健康寿命」と言う。去年の7月に厚生労働省から発表された、2019年度の平均寿命は(以下、年齢は四捨五入)、男性が81歳で、女性…

「お気に入りのおやつ」

ローソンで買うオヤツ セブンイレブンで買うオヤツ。パンケーキは撮影前に食べてしまった。 血糖値が相変わらず基準値をオーバーしているのに、オヤツが止められない。オヤツを今の半分にするだけでも、血糖値はかなり下がって基準値ギリギリまで行くのでは…

「ビル?ギル?エバンス」

最初、ビル・エバンスなのか、ギル・エバンスなのか分からず、混同していた。今でも、よく言い間違える。この歳になると、特に横文字はなかなか覚えられず、あえて正確に覚える気もない。色々とネットで調べたり本を読んでいると、ビル・エバンスはかなり人…

「65歳になって、ジャズ」

この前、友人O氏と話していたら、ビル・エバンスの「Waltz for Debbie」という曲がすごくいいと言う。実は自分も最近、ハイレゾ楽曲提供サイトで、その曲が入っている名盤と言われている同名タイトルのアルバムを聴いていて、中々いいなあと思っていたところ…

「またも、孫の術中にハマる」

昨日は、久しぶりに次男坊家族と食事に行って来た。次男坊のワゴン車に乗せてもらい、後部座席の真ん中に自分が座り、その左右にシートベルトをした孫が座っていて、両手に花だ。4歳と2歳の男の子だが、4歳の来年小学校に行く上の孫が、何か最初から少し機嫌…

「マウントレースイ売却の記事を読んで」

今日、ネットでニュースを見ていたら、北海道の鈴木知事が夕張市長の時に、マウントレースイというスキー場やホテルを2億円で中国企業に売却したら、その後にその中国企業が香港企業に12億円で転売したという記事が書いてあった。それで、そんな中国企業に売…

「女性担当者に、ビビるオジサン」

この店の新人らしい若い女性担当者達の対応だが、最初からこの人に説明を受けていたが、他にも光通信専門の若い男性も一緒に立ち会った。この女性担当者は、最初からずっと丁寧に対応してくれていたが、最後に「それでは、次はいつ来られますか?」と聴くの…

「オジサンには大変!スマホの契約」

先日は、長~いサービスセンターとの電話が終わってから、そのうっぷんを晴らすが如く、ショップの担当者に電話して、「言われた通りの電話番号に電話して、やっと通じたと思ったら…」と、ムッとしてその経緯を話した。そして、もうこれ以上面倒なことになる…

「オジサン、無理!サービスセンターの電話」

スマホのキャンペーン中ということで、数日前にショップに話を聴きに行って来た。機種を新しいのに変更しても、今までよりも毎月の支払額が安くなり、簡単に移行できるという。更に、インターネットの光通信もこの業者にしたら、少し安くなるというので、ス…

「オジサンの老化と劣化」

今年で65歳になるが、気持ちはまだまだ若いつもりなので、自分が高齢者になったという自覚がなかなか持てないでいる。まだ、30代くらいの気持ちだろうか。しかし、人間の体の各パーツの寿命は50年と言われていて、自分の体もそれから15年も経つので、色々な…

「雪解けと屋根の雪」

3月になると、いよいよ長い冬も終わるという気持ちになる。急に暖かくなり、雪がドンドン溶けていく。昨日から天気が良くなり、今日も快晴で日中の最高気温は3℃だった。雪も溶けて、道路はビショビショで水溜りになっているところが多く、歩道に人が歩いてい…

「とうとう、最後まで観ちゃった“ブラックリスト”」

米国ドラマの「ブラックリスト」を、もう観ないとか散々文句を言いながら、とうとうレンタルDVD店に有る、最後のシーズン7の9巻までの全てを観てしまった。Amazonのレビューでは、このシーズン7で主人公の謎が解けた様なことを書いてあったので、それじ…