オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「ブログを終わります」

■動悸が続く 1ヶ月ほど前から時々、胸がドキドキして、ひどいときは体全体が揺れているように感じることがあった。以前もごく一時的な軽い動機は、たまにあったような気もするが、ほとんどすぐ治まっていた。それが、最近はずっと続いて、段々と胸に圧迫感…

「電子機器、危ないもんばっかじゃね?」

■スマホの電磁波、大丈夫なのか? 最近、次男坊のところの上の孫が、小学校3年になるのでスマホを持たせようかどうか考えているという。あー、そういう時代になったんだなと思った。ただ、20年以上前、お袋がまだ生きていたときに「携帯電話が中国ですごく普…

「”アラレ組み”に挑戦!」

1ヶ月以上続けている気功と座禅のせいなのか、暖かくなってきたせいなのか分からないが、少しずつやる気が出て来た。「なんのやる気?」って、なんでも!。英会話、木工、修繕、整理整頓、断捨離等々、なんでもかんでも、かかって来~い! щ(▼ロ▼щ) カモ-ン…

「気功と座禅…らしきもの、継続中」

■腹式呼吸が難しい 気功と座禅…らしきものを始めてから約1ヶ月経つが、効果らしきものはまだ実感できない。そんなにすぐ効果が表れるはずがないのだが、それでもほんのちょっとでも、何かしら効果が表れて欲しいではないか。まあ、そういう焦りがダメという…

「心筋梗塞の予兆か?」

10日ほど前から、左腕付け根の胸の辺りが痛むようになった。左胸が少し圧迫されるような感じで、息苦しさも時々感じる。それと、時々動機もする。これは、いよいよ両首にあるプラーク(血の塊)が剥がれて血管を伝わり、心臓に落ちて来て、心筋梗塞になる予…

「こういう旅行がしたかった!」

Amazonの読みたい放題の本も見尽くして、もう読む本がほとんどなくなった。有料になれば、面白かった本の続きを読めるが、意地でもしない。Amazonの策略にハマってたまるか。それで、あまり興味がない本にも手を出してみるかということで、旅行本を読んでみ…

「新たな、ダブルワーク」

■週に1日半の仕事 新たなダブルワーク先の業務引き継ぎが、先週あった。1時間ほどだったが、メインの管理人が、色々と教えてくれた。どんな人かと不安でいっぱいだったが、すごく親切で良さそうな人だったのでホッとした。以前、勤めた管理人の仕事のときは…

「自宅近郊の、お気に入りの町」

■南幌町と長沼町 自宅近郊で、夕張市方面に行く途中に南幌町と長沼町がある。車で、10分から15分の距離だ。南幌町の人口は7800人、長沼町は10,000人と小さな町だが、自分はこの町や、その周辺が好きだ。田舎者の自分にとっては、落ち着く落ち着く。交通量が…

「気功と座禅…らしきもの」

■色々と工夫してまっせ ここ1ヶ月間ほど毎晩、気功と座禅…らしきものをやってる。継続するために色々と工夫をしてる。1つ目は、夜の9時から9時半頃の早い時間に、気功と座禅をやることにした。寝る前だと億劫になったり、眠くなったりして「今日はいいかあ~…

「『シェルブールの雨傘』、エンディングだけ観た」

■胸がいっぱいに Amazon Videoで、面白そうな無料の映画を探してたら、「シェルブールの雨傘」があった。この映画は自分が中学生の頃、家で父親と姉がテレビで観ていたのを、一緒に観たことがあった。映画はミュージカルのようにセリフが歌になっていて、普…

「沖田×華の漫画はすごい!」

■すごく下品だが、すごく面白い 前に読んだこの作者の「不浄を拭うひと」が面白かったが、今回は「やらかしました」シリーズを読んだ。これがまた、すごく面白かった。下ネタ満載で、ネタどころか、そのものズバリのストライクだ。 しかし、面白いだけでなく…

「あっという間にヨレヨ~レ!」

■朝から飲んでます 数日前、隣の72歳のオジサンの家の前で、隣の隣の家で除雪車で除雪をやってくれている、55歳のSさんが話していた。そこに自分が割り込んで行き、色々と話していると、そこに裏の75歳のオジサンもやって来た。4人も集まって話すのは、珍し…

「家周りの大掛かりな修繕」

■人も家も共に劣化 我が家も築28年ということもあって、あちこちが老朽化で修繕が必要になっている。家の中の壁紙もくすんできてるし、木の窓枠などはカリフォルニア仕様とか言っていたが、この寒冷地では全く不適格だった。上下開閉方式の木枠の窓は、隙間…

「すごい本(漫画)を見つけちゃった」

■変な臭いがするぞ! 今回、やはり職業関連の本だが、すごいのをAmazonKindle読み放題で見つけた。「不浄を拭う(ぬぐう)ひと」という題名で、作者は「沖田×華 おきたばっか」という、変わった名前の女性漫画家だ。本の内容は、「特殊清掃員」という仕事の…

「楽な仕事は、ないなあ」

55歳からパートの仕事に出て、すぐ腰を痛めてから休むことも出来ず、ずっと無理をして働いていた。腰の痛みに耐えきれず、辞めてはすぐ勤めて、ということを繰り返し、今まで実に15回くらいパートの仕事を変わった。腰に負担のかからない楽な仕事など、事務…

「婚活の本、かなり面白い」

■なんとも金のかかること 「アラフォー男が婚活してみた件」というAmazonの読み放題の本を読んだが、面白くて夜更かしをしてしまった。作者の2年半に渡る婚活の記録だ。作者は39歳で、一流機械メーカーに勤務しているが、40歳になったら結婚は難しくなると思…

「色んな本を読んでる…」

Amazonの「kindle unlimited 読み放題」というのを、ずっとタブレットで読んでいる。かなり読んだが、面白そうなのはほとんど読んだので、それほど興味がない本にも手を出している。漫画だけでは、読み尽きてしまうので、他にも家の家具の配置だとか、整理整…

「また面接をして来た」

実は、1月31日付で老人ホームのダブルワークを辞めた。一番の理由は、「仕事がない」ということだ。仕事が少なければいい、というわけではない。基本になる仕事があれば問題はないのだが、それがない。施設の担当者も、どんな仕事を自分にやらせようかと、ず…

「ええ?あなたもかー!」

先般、エミータさんのブログを見ていたら、8年前からやっていた草花のスケッチをやめるということだった。えええ、と思って記事を読んでいたら、その関連本やスケッチの画集や、道具まですべて片付けたという。それで、ピンときた。俺と同じ匂いがするゾ。 …

「通勤の道路で、車がコロンと」

一昨日の朝は、路面がツルツルだった。滑るかなと思ったとき、前方と後方近くに車が居ないのを確かめて、試しに少しだけ急ブレーキをかる。(ちなみに、「ブレーキをかる」というのは北海道の方言らしい。「ブレーキをかける」の意味)。路面が滑ってブレー…

「『神の雫』そして『マリアージュ』』

■株式投資の本はどこへやら 最近、AmazonのFIREというタブレットを買った。そして、そのタブレットで、株式投資の色んな本を読んで勉強しようと思っていた。他にも、息抜きに漫画コミック本を何冊か見ていたが、これにはまってしまって、株式投資はどこへや…

「確定申告に行って来た」

■今回は、昼に行った。 実は、昨年11月末に勤めたダブルワーク先の老人ホームを辞めて、新たなダブルワーク先を探して面接をしていた。その勤め先から、一昨日、「採用」の知らせが来た。それで、体調がもっと良くなってからと思って、来週、確定申告に行こ…

「コロナの検査に行って来た」

■3日も休んだ 結局、月火水のマンションの仕事は、すべて休んだ。もう一人の管理人が、すべて出てくれるというのでお願いした。喉の痛みがなかなか取れず、熱も上下を繰り返していて、なかなか安定した体温にならない。それで、無理して出勤してもどうかと…

「コロナに感染しちゃった」

■女房がコロナに感染 4日ほど前から女房の咳がひどくなり、慢性気管支炎の傾向もあるので、風邪をひいたからだと思っていた。ただ、3日ほど経っても咳はおさまらず、寒気もするというのでコロナを疑って、女房は4日目の日曜日の午後3時頃に当番病院に行った…

「大雪で、天気予報は大外れ」

■天気予報は大外れ 昨日、2月22日の朝、外を見ると吹雪いていて、かなり雪が積もっていた。40㎝くらい積もったようで、朝方にかけて一気に降った模様。天気予報では、多少の降雪ということで雪が降り続くということではなかった。それなのに、それどころか日…

「罵声の嵐!」

■テメー!コノヤロー!ふざけんなー! 先々週のマンションの出番のとき、朝9時頃に本社の担当者から電話が来て、8階の〇〇〇号室の部屋に行って、下の階で漏水があるので、部屋で漏水がないかどうか聴いてみてくれとのこと。行ってみたが、ほとんどがそうだ…

「甘い物依存症を舐めるな。舐めてるけど…」

■血糖値が上がった 先般、病院に行って来た。血糖値のヘモグロビンA1Cが3ヶ月前は7.6だったのに、7.9に上がった。医者が「どうしたんですか?」と聴いて来たので、あれかと思い「ジャムです!」とすぐ答えた。ジャムの食べ過ぎだ。 「でも、低糖のものに、そ…

「中華製のオーディオアンプ」

■DTMをやめた 今までデスクトップ・ミュージック(DTM)をやろうと思って、機材を色々と用意して少しやってみたが、それからずっとやる気がしなくて、これからもやることはないだろうと思って、やめることにした。終活の一環だ。それで、その機材をリサイク…

コミック本「銀の匙 Silver Spoon」

コミック本の「荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』」全15巻を古本で、2,673円で買った。本の程度は「非常に良い」で、本の端が少し茶色く焼けている巻もあったが、目立つ汚れもシミもなく良かった。この本を買おうと思ったのは、2人の孫に読ませようと思ったから…

「ガスが、出~る出~る」

■マーフィーの法則 先の記事で、ヨーグルトを食べているせいなのか、ガスが異常に出てひどかったと書いた。実際、四六時中、ガスが出まくっていた。仕事のときなど、マンションの最上階の廊下からモップ掛けをするが、歩きながら「ププププ…」と出続けて、た…