オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「老人ホームの管理人」

f:id:yoisyotto:20200409074908j:plain

今まで2ヶ所の特養老人ホームの管理人と土日祝日の受付をやった。最初の老人ホームでの管理人の仕事の時は、入居者が行きつけの病院に行く時の送迎、ボイラーや貯水槽や風呂の塩素の点検、二階三階の介護詰所への備品の配達、施設の窓の清掃、各階のフロアマットタイルの交換、棚やドアの修理、入居者の部屋の電気関係の修理、車椅子のブレーキやパンクの点検修理、送迎車の洗浄や給油、それ以外にも館内の表示や案内のPOPも作り、中庭の花壇の棚やベンチも作った。事務の手伝いもやり、電話番もやった。

ここでは、介護士の過酷な労働の実態を知ることになった。何年もやっている人はほとんどが腰痛持ちで、職業病だという。老人は体力がないので力が入らずダラーンとなるので、それがすごい重さになり、抱えると腰に負担がすごくかかるという。忙しく飛び回って介護している介護士の姿を見ると、声もかけづらいような雰囲気があった。

交代制の夜勤当番の2名の人達は、夜中に誰かがナースコールで呼び出しすると、次々と他の入居者達も呼び出しをするそうで、てんやわんやでパニックになるそうだ。翌朝、退社する時に事務所に寄って書類に記入して帰るのだが、椅子に座ったまま疲れ切った顔で下を向き「このまま、ここから動けないかもしれない」と言っていた若い女性介護士もいた。自分が辞めて3か月ほどしてから、6人の若い介護士が次々と辞めたと聴いた。老人ホームでは、こういうことが結構あるそうだ。           

特別養護老人ホームは、65歳以上の要介護で自宅での介護が困難な人が入居する施設、ということになっている。入居者で意識がハッキリとしている人は、程度も色々とあるが全体の1割もいただろうか。入社する時にはワガママな老人に苦労するというような話しも聴いたが、実際に勤めてみるとそれどころか、ほとんどが話せないような人ばかりだった。

ほとんどの入居者はそのような状態だったが、ほんの数人の男女は意識がまだハッキリしていて、何度か話をしたことがあったが、やはり話し相手がいないので寂しがっているようだった。意識がまだ少しでもある人は、早くからこういう施設に入って生活するということは孤独で、仲間もできず可哀想だと思った。

意識があるのかないのか分からず、ただ開いたままの口に介護士からスプーンで食事を流し込まれ、排泄もオムツで垂れ流しの姿を見ると、色々と考えさせられることばかりだった。この人達もかつては自分と同じように、活気にあふれた頃があったのだと、当たり前のことを何度も思った。やはり、自分はできることなら「ピンピンコロリ」がいいなあと。 

それにしても介護士への待遇は、あまりにも悪過ぎる。厚生労働省や何とか省の役人達に、一度介護士の体験を1ヶ月でもいいから、やらせてみたらどうなのだろうかと思う。最初からエリートで高給取りの役人には、介護士の実態など分かるはずがないからだ。今は介護士の学校も次々となくなっているらしい。本人よりも、親が介護士の過酷な仕事を子供にやらせたくなくて、介護士になることを反対しているそうだ。このままでは、介護士はいなくなってしまう。介護される人は、まだまだ増えて行くというのに。

「鮮度の悪い、ブログ」

f:id:yoisyotto:20200408144452j:plain

去年の8月1日にこのブログを始めてから、約8ヶ月が経つ。早いものだ。当初は、ボケ防止のためにワープロを使ってブログに記事を書いていくことが目的だった。手や指を動かすことでボケ防止になるということを聞いていたので、何かできることはと考えたのが、このブログだった。以前、ホームページをやっていたことがあり、そのときに書いた記事を焼き直しして掲載しているのが多数あり、随分と古臭い話ばかり書いてるなと思われる方もいるだろう。5年前から、一番古くて40年前の話が出てくる。鮮度が悪い、こんなブログもちょっと他にはないだろう。

実はここだけの話だが、ブログをやってみようかと思ったそもそものきっかけは、ブログで金持ちになったという本を読んで、当初は「これだ!」と思って始めた。しかし、読者数一桁台が続き、到底無理だと思い、目的をボケ防止にすぐ変えた。変わり身が早い。それでも、最近は読者数が数十件くらいでずっと続いていたが、なんと数日前に突然、100件、190件と急増し、奇跡が起きた。原因を色々と考えてみたが、よく分からない。しかし、その後、また数十件台へと元に戻った。

恐らく、これからもこんなものだろう。あくまでもボケ防止ということでマイペースで、読者数は気にしないで書いていこうと思う。それにしても、ほとんど毎日記事を掲載するということは大変なことで、読者数がどう変わるのかと思って、試験的に最近はずっと毎日掲載してみたが、効果の程は今もよく分からない。もしかしたら、突然急増したのはそのせいかと思ったりもしたが、よく分からない。いずれにしても、読者数はもうどうでも良くなった。

今度からまた、最初の頃のように数日おきの掲載に戻そうと思っている。毎日、このブログの記事を楽しみに待ってる人などまずいないだろうし、なんといっても投稿する記事が毎日書く場合の記事数と比べると、半分や3分の1に減るので、かなり余裕ができて書ける。昔、書き溜めていた記事も書き直して掲載していたが、それももうソロソロ尽きてきた。無理しないで、数日おきに掲載していくつもりだ。なんといっても、ジイサンのブログなので鮮度も悪く、時代に遅れていることも多々あるだろうが、マイペースでコツコツと書いていこう。

「ロト7で、大当たり?」

f:id:yoisyotto:20200406072317j:plain

今日辺り、都内の感染者が急増しているので、国から緊急宣言が表明されるかもしれないそうだ。この先どうなって行くのか、先行きがまったく見えないので不安が募るばかりだ。しかし、こんなときこそ前向きに考えていかないとダメなのだろう。

ということで、職場の同僚に、以前からロト6やロト7をやってみたらと勧められていたが、先般ついに買ってみた。同僚からもらったロトセブンのマーク式の申込カードに、予想した数字を塗りつぶしていくのだが、この予想の数字には市販の買ったばかりの専用ソフトを使っている。バーゲンで安くなった約4千円のときに買ったが、この専用ソフトで一攫千金を狙っている。

同僚はそんなものより、自分の好きな数字や気に入った数字にするのが一番だと言う。ただ、よく聴いてみたら何年もやっているが、ほとんど当っていないようなので、これはダメだなと思った。それで、自分はコンピューターの技術を駆使して、統計的に確率の高い数字を算出した、パソコンソフトで勝負してみようと思っている。しかし、もしこれがずっと外れっ放しだったら、最後の神頼みで「ビリケン様」か、他の金運が授かる置物とか、黄色の財布とかにすがるしかない。

毎回、申込カードに記入してイオンの宝くじ券売り場に持って行って、券を買うのも面倒だなと思っていたら、以前何度か年末宝くじを買っていた「みずほ銀行」の宝くじ専用サイトで、今回のロト7も買えるということを同僚から教えてもらった。早速、やってみたら簡単に買うことができた。これなら、わざわざ券を買いに行くこともないので非常にいい。

自分は、1口300円のを5口買っているので、総額1,500円の購入額になる。今回で2回目だが、月に2回ほど買おうかと考えている。月に3千円の投資だ。これが、いずれ億になるのかと思うと笑いが止まらない。

「間食はいいのか?」

f:id:yoisyotto:20200405061212j:plain

同僚が、昨日のブログの記事を読んだそうで、「食事の管理はいいけど、間食の管理はいいのか?」と言って、ジーッと自分を見た。その鋭い視線に耐えきれず、思わず顔をそむけた。あえて、昨日のブログではその問題には触れていなかったが、確かにそれを言われたら「なんも言えねえ」状態だ。実に難しい問題だ。間食というのは、もう自分の意志では制限が効かないもので、薬物中毒やアルコール中毒のようなものなのかもしれない。「間食中毒」と言っていいだろう。

これからは間食をやめるぞと思っていても、街に出るとだいたい「あ~、今日もまた菓子をたくさん買ってしまった」ということになる。街に出ると必ずこうなるので、あまり外出しないようにと思ってはいる。数日前も、スーパーで売っている大福とよもぎ大福のセットが、この前買って食べたら非常に美味かったので、2パック買ってしまった。一応、今日と明日の分ということで買ったが、「ここまで食べたら、もう全部食べても同じだ」とか、「少しだけ残しても仕方ない」とか、「明日になって、もし傷んでいたらもったいない」ということで、結局その日の内に2パック全部食べてしまった。

そして、甘いものを食べたら、今度はしょっぱいものが欲しくなって、おかきや珍味を食べる。ところで、「しょっぱい」という言葉は北海道の方言だそうで、それでワープロで漢字変換ができなかった。「塩辛い」という意味だが、こうして普通に使っている言葉が、北海道だけの方言ということが多々ある。話は反れたが、甘いのを食べたら塩辛いものを、塩辛いものを食べたら甘いものをときりがない。そして、ノドが乾くとなにかを飲み、飲むとまたなにか食べたくなるという悪循環が延々と続く。そんなときの飲み物は、コーラなんか最高だ。

一種の中毒と言える。なんどもこの悪習を断とうと挑戦して来たが、ことごとく挫折した。ただ、10年くらい前だと思うが、間食を韓国海苔だけ食べて我慢したことがあり、つらかったが上手くいった。そのときは、次第に間食したいと思わなくなり、女房が買った菓子がいつも台所の横に置いてあったが、見ても食べたいと思わなかった。それが、食べたくないのに一つ二つと口の中になんとなく入れている内に、また元に戻った。間食を断った期間は、1ヶ月ほどだった。

一番いいのは、菓子を買わなければいいということなのだが、それが実に難しい。食材を買いに行くスーパーや、ちょっとコンビニに寄ると、実に美味そうな菓子がたくさん置いてあり、その誘惑に勝てるかどうかにかかっている。しかし、この間食の金額だけでかなりの支出になっていることに、最近気づいた。間食をやめるか減らすことで家計も楽になるし、血糖値も下がるので良いこと尽くしだ。それと今回、血糖値が下がらなくて体調も悪くなっているので、食事管理と共に間食の管理もやらなければならない。今、また韓国海苔を食べている。

「血糖値が、下がらない!」

f:id:yoisyotto:20200404072011j:plain

最近ずっと血糖値が高くて、なかなか下がらず参っている。もちろん許容範囲をずっと超えたままだ。それに伴って、体のあらゆるところに異変が起きている。前回のブログにも書いたように、飛蚊症や湿疹がひどくなってきたリ、食後にひどく眠くなって、体がだるくなる高血糖の症状なども出てきている。ふらつきもあるし、体の冷えもそうではないかと思う。昼寝をしていても体が冷え切って、それで目が覚める。以前、高血糖値が続いた時に、同じことがあった。血液がドロドロになって血の巡りが悪くなっているのが、原因なのだろう。

今の仕事は、勤務時間帯が朝6時半から夜9時までの3つの時間帯でバラバラなこともあって、勤めて半年になるが未だに生活のリズムがつかめず、規則正しい生活が難しい。食生活の方も昨年から自炊を始めたこともあって、食事管理というには程遠いものになっている。自炊に関しては、昔から今まで一切やっていなかったので、キャベツの皮は剥くのかとか、どうやって野菜を切ったらいいのかとか、ネットで調べたり、同僚の料理の達人に聴いて教えてもらってやっていた。

最初は、男がやるには一番簡単だという料理本を読んでフライパンで調理していたが、それも毎回、肉と野菜を炒めるだけの料理でワンパターンになって飽きてきて、後片付けや作るのも面倒になって、今はレンジでチンというもっとも簡単な料理?をやるようになった。(温めてるだけ?)

昼飯は、冷凍チャーハンと冷凍たらこスパゲッティがメインで、ただレンジで温めて食べるだけだ。それに野菜サラダとみそ汁と納豆というメニューで食べているが、もうずっとそればかり続いているので飽きてきている。朝食も、ヨーグルトに野菜サラダ、ハムにコーヒーというメニューがずっと続いていて、これまた飽きていて、ただ腹を満たすために食べている感じだ。

それで、時々昼は外食もしているが、こんな食生活なので食事管理どころではない。新たなメニューを調べたり考えて作る、という気力もなくなってきた。ということで、自炊に今まで色々とチャレンジしてみたが、やっぱり自分には難しいと分かってきた。第一、料理をしていても楽しいと思ったことは一度もなく、それに、「自分で作ったものは、なんでこんなに美味いと思わないのだろう?」と思っていた。

以前から、両首にある血の塊のプラークは、「血糖値を下げないとダメだ」と医者に何度も言われているし、この血の塊が剥がれて脳に行けば「脳梗塞」、心臓に行けば「心筋梗塞」になると脅かされている。先般も医者に、「真剣に、血糖値を下げないとマズいですよ」と言われたので、マズいことにならないうちに規則正しい生活をして、食事の方法も見直し、血糖値を下げようと真剣に考えている。

脳梗塞や心筋梗塞になって、一気にあの世に逝けたらいいが、ヘタに逝きそこなうと寝たきりや車椅子や不自由な生活になったりする。それだけは、なんとか避けたい。新型コロナウィルスも、糖尿病の者が感染すると重症化しやすいと言われている。まずは、規則正しい生活と、そして食生活をどうするかだ。そして、血糖値を下げなければ。

「高齢者かぁ…」

f:id:yoisyotto:20200402212615j:plain

数日前に市役所から、「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ」という手紙が来た。自己負担金が2,500円でワクチンを受けれるそうだ。65歳からということで、改めて自分が高齢者になったと思った。公的年金の受給資格では高齢者は65歳で、車の高齢運転者は70歳以上となっている 。「ついに、俺も高齢者か!」という気持ちだ 。あっという間にジイサンになってしもうた。

道理で、体のあちこちにガタが来ているはずだ。視力も落ちてきて、飛蚊症がひどくなったり、耳も遠くなって時々キーンという音がする。足の湿疹もなかなか治らず、ノドも気管が狭くなったようで、すぐむせるし声もすぐ枯れるようになった。夜中に毎日のように、脚の太ももから足先の指まで色々なところがつっぱるし、体はすぐ冷えるし、腰も時々ジンジンと痛む。おまけに立ちくらみすることもあり、もうそろそろ、あの世逝きかと思うことがある。毎夜、仏壇に向かって「今日も無事でした。ありがとうございました」と拝んでいる。

「後何年、働けるのだろうか?」、「後何年、元気でいられるのだろうか?」、「後何年、生きられるのだろうか?」といつも思う。とにかく、骨粗しょう症でもあるので、骨折が一番怖い。以前、仕事帰りに道で倒れていたオジサンが、病院に送って行った車の中で「数年前に階段から落ちて、こんなになった。あれがなければ元気でいたのに」と泣きそうな顔で話していた。自分もちょっとしたことで動けなくなったり、まして入院とかになると一気に衰えていくのだと思っている。そんなことで病院に入院して、それから著しく体力がなくなり、みるみる衰えていく人が多いらしい。

車椅子や寝たきりになったら、もう人生も終わりだという気持ちがある。自分で動けなければ、もう終わりだと思っている。3年前からパートに働きに出て、2つの老人ホームに勤めたが、そこで入居者の姿を見ていて、段々とそういう気持ちになった。ここに入るようになったら、もう自分の人生は終わりだなと思うようになった。そういえば、50代半ばの介護課長が、「俺がいずれ入居するとしたら、リハビリでタンバリンなんか叩くのは嫌だな。ロックとかの曲で、ドラムでも叩きたい」というようなことを言っていた。自分も童謡や唱歌に合わせてタンバリンを叩くのなんて、真っ平御免だ。 

高齢者だから、不安も多くなってきたし、意欲もなくなってきたし、やる気も起きなくなってきているのか、とも思ってきた。今まで、色んな職場で出会ってきた「尊敬する先輩達」は、どうやって生きているのだろうと思う。あの気力はどこからくるのだろうかと思う。でも、その中の70歳半ばの先輩は、家庭に大きな悩みを抱えていて、それを紛らわせるために仕事に打ち込んでいると言っていた。そして、鼻歌をよく歌っていたが「こうして歌っていると、気持ちが明るくなるだろ?」と言っていた。高齢になって、前向きに楽しく明るく生きて行くことは、簡単なことではないなあと思ったりする。

「Amazonのキャンセル手続き」

f:id:yoisyotto:20200401100003j:plain

Amazonからどうなったのかあれから連絡がないので、昨晩Amazonのサイトから注文履歴を見て、うっかり返品手続きをしてしまった。すると、返品手続きの方法がEメールで来た。しかし、それで返品手続きをしてしまうということになると、商品が届くのを待って、それを送り返してからでないと返金にはならないのではないかと不安になり、やはりカスタマーセンターに直接電話して話さないとダメだと思って、少し前に電話してみた。

このカスタマーセンターの電話番号が、Amazonのサイト中を見てみてもなかなか見つからなくて、ネットで検索したら一般の人のサイトに書いてあったので、そこに電話してみた。まず、番号案内の自動音声が出て、商品の返品やキャンセルに関するダイヤル番号を押した。すると、「只今、大変混みあっており…」というアナウンスが流れて、そのまま待っていたら「このままお待ちいただくか、こちらから5分以内にお電話します」というアナウンスが流れて来たので、電話してもらうことにした。

そして電話が5分ほど後にきたが、その後1分ほど音楽が流れているだけで、誰も電話に出ない。仕方ないので、そのまま待っているとやっと女性の担当者が出て、その女性にメールアドレスや名前や住所などを聴かれて、今回のマスク購入の事情を話して、返品ではなくてキャンセルでということを話したら、「専門の部署に行って来ます?ので2分ほどお待ちください」と言う。それで2分ほど待っていたら、今度は違う女性が出て、「対応を確認してきますので、2分ほどお待ちください」と言う。この女性辺りから、日本語が少し変だ。そして、さらに2分ほど待っていると今度も「違う部署と相談しますので、もう少しお待ちください」と言い、もうたらい回し状態だ。2分ルールでもあるのか?

さすがに、もう頭に来て「どうなってるの!サッサとしてよ」と言うと、「すみません。少々お待ち下さい」と言うのでまた待っていると、今度もまた違う女性が出て来て、あきらかに中国系の人で言っていることがよく分からないし、会話がスムーズに通じない。何度も「要はキャンセルの手配が出来たということですね?」と言うと、これまたよく分からない返答だったが、そうらしいことを言っていた。ただ、最後に「荷物が届くかもしれない」と言うので、驚いて「それじゃあ、どうしたらいいんですか?」と聴くと、「受取拒否をしてくれたらいいです」と言う。もうどうなっているのだろう。天下のAmazonも、普段いつも利用してプライム会員にもなっているけど、これじゃあ、いかんなあ。

ということで、改めてAmazonのサイトでマスクを検索してみたら、やはり色々なマスクがあった。しかし、一番下に書いてある「カスタマー・レビュー」には誰も投稿していない。色々と見ていたら、1つだけ「カスタマーレビュー」が載っていたのがあったので、見てみたら数人のコメントが掲載されていて、どれも「届いていない。だまされた」というものだった。やはり、自分と同じ人がいた。もし、これからマスクの注文を考えている人がいたら、まずその商品の「カスタマー・レビュー」を見てみたらいい。何も投稿がないのは、まずやめた方がいい。ただ、今回のマスク以前にも、中国のやらせの「カスタマーレビュー」の投稿がかなりあったようで、それも注意した方がいいだろう。少し変な日本語になっているらしい。まったく中国という国には、参ってしまうなあ。