オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

《30年前の田舎の酩ドライバー》

f:id:yoisyotto:20210218113250j:plain

前回、水産工場時代のことを書いていたら、30年も昔ということもあり、あの3年間で色々と面白いことがあったのを思い出した。当時、自分と同じく他の水産加工場で働いていた高校の同級生の友人がいて、仕事が終わると毎晩のように2時間ほどドライブをしていた。友達は車が趣味で、スカイラインが大好きで、新しいのが出ると次々と買い替えていた。或る時、スカイラインGTだかGSだかのターボというのを買ったというので、早速ドライブに誘われた。今度のは、エンジンがすごいと興奮していた。

夜8時過ぎになると田舎の道路は走っている車もほとんどなく、浜頓別町から猿払村に向かう国道で直線がずっと続くところがあって、そこを走っていたら友達が突然、「スピードを制限するリミッターを外したから、どれくらいスピードが出るかやってみる」と目を輝かせて言った。驚いたが、仕方なく「いいよ」と言うと、段々とスピードを上げて180キロ近くまで出たと思うが、「俺の人生はここで終わった!」と思ったところで車は停まった。命は助かったが、1人でやればいいのにと思った。それにしても、こんなことを国道でやれたのは、田舎だったからだろう。

この友人と一緒に飲んだ後も、車で家まで送ってもらったことがある。もちろん飲酒運転だが当時は皆、結構飲酒運転をしていた。そして、家に着いて友人を見送っていたら、家のすぐ横にある川に向かって真っすぐ走って行ったので、走って車を追いかけて「そっちは川だぞー!」と叫んだ。すると川の手前で停まって、元の道に戻って帰って行った。「俺には、絶対に捕まらない秘訣がある」と豪語し、飲んだ後は必ず近くに駐車してある自分の車で、自宅に帰っていた友人もいた。確かに、一度も捕まっていない。

自分が26歳の水産加工場2年目の時に、地元の高校を卒業したばかりの小柄で童顔の男子が入社して来た。近くの農家の息子だった。色々と話を聴いていると、何んと小さい頃から自分の家の敷地でトラクターや車を運転していたそうで、中学生の時には父親が町で飲んだ後、町まで片道30分ほどかかる道をいつも車で迎えに行っていたと言う。更に、両親が名寄や旭川に用事でバスと汽車で行った時も、夜に片道2時間近くかかる音威子府駅まで車で迎えにも行っていたそうだ。中学生が。22歳で車の普通免許を取って、当時の運転歴が4年目の自分より、運転歴が長い。農家の子供はすごい。

東京の叔母さんが時々自分も住んでいた両親の実家に遊びに来た時に、音威子府駅まで車で夜迎えに行ったが、それから実家までの1時間半の間に1台の車ともすれ違うことがなく、たまにキタキツネが道路脇にいたくらいだったので、叔母さんも驚いていた。そんなところなので、警察が取り締まりやパトロールをしていても、車が1台も走っていないようなところでは意味がない。飲酒運転も、無免許運転も一歩間違えば大変なことになり、車や人が圧倒的に少ないゴーストタウンのような田舎では交通事故は滅多に起きないが、油断していると大事故につながる。今は、昔よりずっと厳しくなっているようだ。