オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「友人、T氏」

f:id:yoisyotto:20200325061405j:plain

あれはもう40年くらい前になるだろうか、自分がゴルフを始めてから5年ほど経っていた頃、会社の若い連中と友人Tと、近くのゴルフ場にプレイしに行ったことがあった。その時、Tはゴルフを始めたばかりで、あまりのヘタさに見ていられなくなり、仕方なく色々と教えてやったので、Tは私のことを"師匠”と呼んでいた。正確には呼ばせていた。しかし、フォームとか色々と教えていたが、覚えが悪く、尻っぺこもチョコンと後ろに出して格好も悪かった。内心「こいつはダメだな。ものにならん」と思っていた。センスのかけらもないと。

そして、1ヶ月後にTと再びゴルフをする機会があった。すると驚いたことに、なんとTはすごい上達ぶりで自分よりも上手くなっており、聞くところによると、毎朝仕事の前に早朝ゴルフをしていたそうだ。センスのかけらもない者でも、数をこなせば何とかなるもんなんだなあと思っていた。そして、師匠がそんなTに「ホホー、よく頑張ったね!」と一言声をかけようと思ったその時だった。Tの口から、信じられない言葉が出た。薄ら笑いを浮かべながら、「へへへ、今度、教えてやろ~か?」と。

その日を限りに、自分はゴルフクラブを二度と手にすることはなかった。屈辱の日であり、忘れようとしても忘れられない日になった。その日から、持病の糖尿病と高血圧が悪化し、現在も治療中だ。その後も悔しくて、再び彼に師匠となんとか呼ばせるために、またゴルフクラブを手にしようかと思ったこともあったが、彼と比べると当時の自分はあまりにもハンディがあると思い、やむなく断念した。

ちなみに、体重は彼の方が自分よりもずっと少なくて痩せていたし、しかも自分は当時、糖尿病、高血圧、脂肪肝、蓄膿症、花粉症、盲腸手術、心配症、赤面症、肩こり、体が異常に硬い、座高が高い、足が短い、人がいると小便が出ない等、数えあげたらきりがないほどのハンディがあった。断念するしか無かった。

そして、あっという間にこの歳になってしまった。Tはあれからシングル近くまで行ったようだが、歳と共にゴルフを止めて、最近はパークゴルフのクラブに持ち替え、一人で練習を重ねている。Tは、現在は旭川市に在住だ。自分も、今の職場の同じ歳のU氏から「一緒にやろうか?」と誘われているので、やってみようかと考えている。Tは、今はかなりスコアを縮めており、今年は大会にも出るようだ。いつか、Tとパークゴルフをやりたいと思っているが、また「教えてやろ~か!」と言われるのが嫌なので、練習しとかないとなあ。