オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「今、心に染みる言葉」

f:id:yoisyotto:19700111012547j:plain

新型コロナウィルスの今後の状況に、落ち着かない日が続く。亡くなっているのは高齢の方が多く、喘息や糖尿病の持病がある人が多いらしい。自分も65歳という歳と糖尿病と高血圧の持病があるので、感染するとポックリと逝ってしまうかもしれないので、或る程度の覚悟はしていないとダメなのだろうし、今回のウィルスだけでなくとも、そういう覚悟はいつも持っていなければならない。ということで、この年齢になってしみじみと心に染みた言葉がある。

「散る桜 残る桜も 散る桜 」。江戸時代の僧侶で歌人でもあった良寛和尚の辞世の句と言われている歌だ。自分の同期生や知人が何人か、それぞれ色々な理由で亡くなっているが、誰しもまさかその時には死ぬなんて思わなかっただろう。この句を初めて聞いた時に、癌でなくなった同期生のことがふと頭に浮かび、「俺も、もうすぐ逝くよ」と心の中でつぶやいた。後50年もしたら自分も他の同期生もみんな散ってしまって、この世から誰もいなくなる。

「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの」。詠み人知らずの歌らしい。この歳になるとこの言葉の意味がよく分かり、「そうだよなあ」とつくづく思う。自分の両親を見ていて「晩年は、あまりいい人生ではなかったな」と思っていたが、段々と自分も両親のあの時の歳に近づいてくるにつれて、両親に「それでは、お前の晩年はどうかな?」と問われているような気がする。上手く歳を取り、そして上手く死んで行くことは、すごく難しいことだと思う。

「年寄り笑うな、行く道だもの」。かつて、親父が高齢の時に小便が長くて、トイレでいつまで何やってんだと思って「親父のダラダラ小便」と陰で笑っていたが、なんと今は自分がその時のオヤジとまったく同じ状態になってしまった。家人には、「まだ、やってるのかい?」とか「小川のせせらぎだね」と嘲笑されるようになってしまい、「かつては滝のようで、岩をも砕く勢いだったのだが…」と、ひとりつぶやいている。今、自分も父親と同じ道をたどっている。

最近、英語でこういう言葉があるのを知った。「To be old and wise,first be young and foolish (賢く歳を重ねるために、まず若く、そしてバカであれ)」。きっと、自分も死ぬまで頭の中はずっとガキのままで、ずっとバカのままだろう。それが賢く歳を重ねることになるというのなら、非常に喜ばしいことなのだが。