オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「大阪では世話になったな」

f:id:yoisyotto:20200526060619j:plain

最近、田舎の同級生が亡くなった。20代前半の頃、その同級生は当時大阪に住んでいて、自分は四国に観光に行った帰りに、事前の連絡もなしで、到着した空港から電話した。何の気なしにぶらっと大阪に寄ってみたのだが、同級生が居ることを思い出し、会社の寮だか会社に電話したらちょうど居て、空港まで車で迎えに来てくれた。

会うなり、「俺は出張で、ほとんど大阪に居ないんやぞ!俺が居なかったらどうしてたんだよ?まったく、とんでもない男やなあ」と驚いていた。狭い部屋だったが泊まらせてくれて、翌日は2人で映画のはしごをして、確か4~5本は観た。観終わったら、さすがに二人とも「疲れたなあ」と言っていた。

電車で移動したが、そのとき君は当時田舎に帰っていた自分をバカにして、駅のホームで電車を待っている間、「どうや、すごいやろ。田舎のみんなに、すごいの見て来たって、自慢してやれ!ほら、スゴイ電車の数やろ?」と笑って言う。自分も学生時代は東京に住んでいたので、「このー!」と思った。

それで、周りの人達に聞こえるように、「スゲーな!これが電車っちゅうもんか?スゲーな!」、「あの建物もスゲーな!ビルっちゅうもんかー!スゲー!スゲー!スゲー!」と大声で言うと、君は焦って周りの人達を見て「な、なにを言ってるんだ!よ、よせ!」と言って、自分から離れようとするので、服を引っ張って行かせなかった。あのときの、君の狼狽ぶり。

その数年後に自分は結婚して、子供が産まれたときに、君は我が家に遊びに来たことがあったが、君は相変わらずで、そのとき産まれたばかりの我が子を見て、「サルみたいやなあ!」と言って、女房のひんしゅくを買った。それ以来、女房は「私、あの人、嫌い!」と言うようになった。「可愛いね」とか、お世辞のひとつも言えやと思ったが、君らしかった。

それから数年後、自分は江別に出てきて、逆に君は田舎に戻った。それ以来、ずっと会っていなかった。会う気になればいつでも会えると思っていたが、今度会えるのはあっちの世界ということか。会ったときは、「大阪では世話になったな」だな。「散る桜 残る桜も 散る桜」か。