オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「愛犬“キートン”との出会い」

f:id:yoisyotto:20200504095010j:plain

キートンが亡くなってから、6年経つ。結婚してから犬を飼おうとは一度も考えたことがなかったが、当時、子供達が小学校の高学年になっていて「我が家には、何かうるおいが足りないなあ」と夜寝ながら考えていた。すると「そうだ!犬を飼おう」と突然ひらめいた。すぐ起きて、女房にそのことを話して飼うことになった。

そして、「どんな犬種を飼うのか、どの犬にするのかは全部、子供達に決めさせよう」と自分が言い、女房も「うん!それがいいね」ということになった。翌日、本屋に家族みんなで行き、色んな犬種の本を女房や子供達と読んでいたら、自分がすごく気に入った犬がいて、どうしても欲しいと思ったのが、コーギーだった。

それで、どうしてもこの犬にしたくて、「これにしょう!これでなきゃ、飼わない!」と言った。女房は「えー、決めたの?」とあきれていたが、「実は、私も前からコマーシャルで見て、すごく可愛いと思っていた」と言うので、すんなりとそれに決まった。というか、犬種は自分が決めた。

そして2000年の1月29日に、札幌市内の3件のペットショップに、家族みんなで買いに行くことになった。ただ、その前に女房が、自分と子供達に「いいかい!すぐ決めたら、絶対にダメなんだからね!すぐ、これがいい~とか言ったらダメなんだからね!3件全部まわって、一通りすべて見てから、冷静にどれが良いか決めるんだよ!衝動買いは、絶対にダメ!」と何度も何度も念を押した。

1件目のペットショップで各自それぞれ色んな犬を見ていたら、1匹のコーギーがその中に居た。少し見ていて、さてソロソロ次の店に行こうかと思っていたら、女房が走って来た。「買われちゃう~!あのコーギーが買われちゃう~!」と泣きそうな顔をして言う。

どうしたと聴いたら、「早く買わないと、あのコーギーがあそこの人達に買われちゃう~!買われる前に、先に買っちゃお~!」と言う。「エー!まだ一件目だけど」と言うと、「だって、あれがいい~!あれが!」と言う。少し前まで、自分と子供達にあれほどうるさく言っていたのにと、呆気にとられた。 

そのコーギーを見ると少しアチャ目なので「いいのか?」と女房に聴いても、「それでもいい~!これがいい~!」と言うので、とうとう買うことにした。子供達に「決めるんだってよ。1件目で決めちゃうんだってよ」と言うと、「えー!まだ、見るんじゃなかったの?」とあきれていた。

ということで犬種も、どの犬にするのかを決めたのも、我々夫婦だった。子供達はなにも、決めなかった。それから、次男坊は家でよく「買われちゃう~!買われちゃう~!」と女房のモノマネをしていた。女房は苦笑いしていた。

確かに、自分や子供達には、絶対にすぐ決めてはいけないと、あれほどうるさく言っていたのに、自分も子供達も狐に化かされたような気持だった。女房に後で、「あんなに、俺達にうるさく言っていたのになあ」と言うと、「だけど、それでキートンに出会うことができたんだから、良かったでしょ」と言う。成るほど、確かにそうだなと思った。

今思うと商品の様で嫌だなと思ってしまうが、キートンは税込で十数万円だった。「国際公認血統証明書」というのが付いていて、犬種は「ウォルシュ・コーギー・ペンブローク」となっていて、オスだ。

女房はだいぶん後になってから、「本当は、捨てられた犬を引き取っている施設から、もらって来た方が良かったんだね」とよく言っていたが、当時はそんな知識などまったくなかった。いずれにせよ、縁があってキートンとめぐり合うことができた。

ちなみに名前は、当時家族みんなが大好きだった、浦沢直樹のマンガ「マスター・キートン」からとった。これは家族全員一致で、すぐ決まった。