オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「すごい野菜ラーメンを食べた」

f:id:yoisyotto:20200805070814j:plain

端に麺のように見えるのはすべてモヤシで、更にそこからモヤシの山がそびえ立つ

久しぶりに、「さんぱち」に入ってみた。野菜ラーメンを食べてみた。血糖値がずっと高いので、少しでも気休めに野菜が入っているのを頼んだが、大盛りではないのだが、これがすごい山盛りのモヤシの量で、食べても食べても、肝心の麺が全く見えて来ない。

「俺は麺ではなく、モヤシを食べに来たのか!」と思ったが、とにかく食べても食べても、掘っても掘ってもモヤシが延々と続き、なんとなく腹が膨らんできた時に、やっと麺が現れた。

「ウワー!これから麺を食べれるだろうか?」と思ったが、昔から食べ物を残すことが出来ない性分なので、吐きそうになっても最後まで食べなければならないと、必死の思いだった。そして、完食!さすがに汁は、ほとんど残してしまった。こんなことは珍しい。

食べ終わって車に戻ると、腹がバンバンになって苦しかった。もう、血糖値がどうのこうのという話ではない。良かれと思って頼んだ野菜ラーメンが、逆にひどいことになった。苦しくて動けないので、少し車の中で休んでいた。

しかし、すごいラーメンが有ったものだ。この野菜ラーメンは、高校生や学生の運動部に入っている若い連中が食べるもんで、普通の人は食べれるものではないだろう。客層を見たら年配の人がほとんどだけど、一体このラーメンは誰を対象にしているのだろうかと思った。

味自体はまあまあ悪くはないのだが、こんな量を中高齢者で食べれる人が、果たしているのだろうか。まさか、取り皿をもらって、1つのものを2人で分けて食べるということなのだろうか。それなら、1人分としては安いと言えるが、それはやらないだろう。今度、かなり腹が減っている時に、行って食べてみようか。