オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「“2回目のサイクリングロード”の続き」

f:id:yoisyotto:20200801052213j:plain

2回目のサイクリングで北広島駅の方に向かって走っていたら、向かい側から歩いて来た70~80代の男性と目が合い、その男性が自分に向かって何か言ったので、自転車を停めた。すると、その男性が「その自転車はどうしたの?」と聴くので、「少し先の自転車の駅というところで、レンタルで1日300円で借りました」と答えると、「おー、それはいいなあ」と驚いていた。歩くのに疲れ果てているようだった。

しかし、別れる時に礼の1つも言わなかった。まったく、今どきの中高齢者はマナーがなっていない人が多い。実際、パートでガソリンスタンドの受付をやっていた時も、マナーが悪いのは中高年の男性ばかりだった。「今どきの若いもんは…」という言葉は、今や「今どきの中高齢者のオヤジは…」に変わりつつある。しかし、自分はいつもヘラヘラしているせいか、以前からこういうオヤジ達によく声をかけられる。今までに5回以上はある。若い女性ならいいのだが。

前回、「お先に失礼!」の人の体が素晴らしいと書いたが、時々それを誇示するように、座っている時に足を前に投げ出し、ピッとしたウェアを履いた下半身をグッと何度も前に突き出していた。その時の尻から足にかけての筋肉がすごくて、アソコもかなりモッコリしていて立派なものだった。思わず、自分のモノと比べて引け目を感じて目をそむけたが、それでもこれでもかという風に、何度も何度も下半身を前に突き出すので目のやり場に困った。よほど、下半身すべてに自信があるのだろう。羨ましい限りだ。

そういえば、前に勤めていた職場の所長が、昔はマラソンをやったり、スキーをやっていたと言っていたが、やはり太もももが太くて、足全体に筋肉も付いていた。そして、この所長も椅子に座って話しをしていると、時々足を前に投げ出して、下半身をグイと前に付き出して下半身を誇示しているような時があり、アソコは大したこと無かったが、この人はちょっと変な性癖があるのかと勘繰ったが、そうでもないようだった。所長、また昼飯を食べに行きましょう!

今回は2回目ということもあり、周りの景色や歩いている人や走っている人の顔もチラッと見たりしたが、その多くの人が中高齢者ということが分かり、自分の歳よりももっと高齢な70~80代の男性が非常に多く、なにか感慨深いものがあった。「お先に失礼!」の人も、「以前は、家にずっと居てもやることが無いので図書館にずっと行っていたが、自分と同じような中高齢者ばかりいた。そして、それに飽きて、こうして外に出ることにした」と言っていたが、中高齢者の男性の行き場所は限られているようだ。

このサイクリングコースも同様で、とにかく金がかからないということや、後は健康にもいいし、時間を潰せて、過ごしやすいということもあるだろう。同じく金がかからない図書館も、冷房が効いていて過ごしやすいそうだ。定年退職して家に居ることが多くなった男性は、どう余生を過ごして行くのかが大きな課題になるのだろう。ジッと家に居たら、粗大ゴミになるそうだ。しかし、今まで一生懸命頑張って働いてきたのに、粗大ゴミとは。

自分も「お先に失礼!」の人のように、タイツのようにピッシリとしたウェアを履いてみようかとも考えたが、足が短く、アソコにも自信が無いし、なんと言ってもママチャリではバランスが取れないと思い、止めることにした。いくら、ヘルメットとスポーツ・サングラスをして、ピシッとしたウェアに身を包んでも、ママチャリを「キーコ、キーコ!」と漕いで走っていたら、絵にならないというか、爆笑もんだ。