オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「フォークリフトの達人」

f:id:yoisyotto:20210216125752j:plain

パートの求人を見ていたら、フォークリフトの運転手の募集がたまにあり、今でも運転できるかなと思うことがある。自分は25歳の時から3年間、地元の水産加工場に勤めたことがあった。最初は事務員で入社したが、その時にフォークリフトの運転免許も一応取るように言われ、その講習に出れば誰でもその日の内にすぐ取れるということで、工場長と一緒に会場の地元の市場に行った。そこには他の水産加工場の人達も多く来ていて、まずはフォークリフトの運転を一人ずつやって、先生が「合格!」ということになるのだが、自分はそれまで一度もフォークリフトは運転したことが無く、工場長に大丈夫かと聴いたら「大丈夫だ!練習はいらない」と言うので、ぶっつけ本番で行った。

皆は何度も運転したことが有るようで、上手いもんで市場のコンクリートの大きな柱をスイスイと交わして走り、先生にすぐ「合格!」と言われていた。その内、自分の番になったが、まず動かし方が全く分からない。困った先生が、エンジンの掛け方とアクセルとブレーキを教えてくれたが、発進ということでいきなりアクセルを踏んだので、突然フォークリフトは勢いよく走り出し、その後を先生が走って追いかけて来た。「停めて~!」と叫んでいたが、停まらない。しかも、ところどころにあるコンクリートの柱に、フォークリフトの先の爪が何度もガーン!ガーン!と勢いよく激突したので、更に先生は焦って追いかけて来て、その内エンストしてやっと停まった。周りは大笑い。

こんなひどいことになったのに、それでも合格になったので良かったが、その場にいた皆が「あいつに市場を壊される」と言っていたらしい。確かに、柱の一部が欠けていたのを後で見つけた。よくそんな者に、フォークリフト運転技能資格をくれたものだと、今でも感心する。その後は、頻繁に運転していたので、かなり上手くなった。パレットにフォークリフトの爪を音もたてずに、サッと差し込むことが出来たし、僅かの隙間にパレットに積んだ荷物を静かに入れることも出来た。狭い冷蔵庫だったので、隙間なく荷物を積んでいたので、自然と上手くなった。もう30年以上触っていないので、さすがにもう無理だろう。