オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「サッサと返さんかい!レンタルDVD」

f:id:yoisyotto:20210206224402j:plain

また、米国のドラマシリーズにはまっている。もう、観てもキリがないから止めようと何度も誓ったはずなのに、また観てしまった。今度は「ブラックリスト」というドラマだ。主演はジェームズ・スペイダーという人だが、この人の若い頃の出演作でSF映画の傑作「スターゲイト」を何度も観たことがあったが、メガネをかけた頼りなさそうなイケメンの青年だったので、今回の禿げ頭で中年太りのオジサンを見て驚いた。歳を取るとどんなに美しい男女も枯れ果てて、見るも無残なことになってしまう。

今回のジェームズ・スペイダーは、若い頃と同じように首をかしげて話す癖のままで、ずっと観ていると中年の小太りのこのジェームズ・スペイダーも、なかなか味があって良いと思うようになってきた。調べてみたら、この人の今の2度目の奥さんも女優で、レスリー・ステファンソンという人だった。「将軍の娘」という昔、観たことのある映画に出ていた女優だった。これまたキレイな人だった。

ということで、今は後半のシーズン5の6巻まで来て足踏みしている。7、8、9巻だけが、もう10日間ほど無いのだ。何度もツタヤに行き、返却されていないか見に行くのだが、1週間過ぎても戻って来ていないので「とうとう返却期限を過ぎて、延滞料金だ!バカだなあ」と思っていた。

その後、毎回空戻りするのも嫌になって、ツタヤに電話して「レンタルDVDの在庫確認をできますか?」と聴くと、出来るというので確認してもらった。すると、まだ戻ってきていないと言うので「延滞ですか?」と聴くと、「いえ、これを借りた方はプレミアム会員になっていますので、返却期限がないんです」と言う。何んと、月に千円くらい払ってプレミアム会員になってカードで旧作のDVDをレンタルすると、借入期間が無期限だと言うのだ。

しかし、こんなことをやっていたら、自分と同じように他にもシーズンの続きの巻を楽しみに待ちわびている人達がたくさんいるのに、ずっと戻って来ない可能性があるというのは、どうなのだろうか? これは、ダメな規約だと思う。電話に出たアルバイトの女店員さんに「これはダメだと上の人に話しておいて下さいよ」と言ったが、真面目な意見だ。途中の3巻を飛ばして観る人はまずいないだろうし、皆、続きが観たくて仕方ないのだ。今まで、こんなバカなことは一度もなかった。

今回の「ブラックリスト」も棚にはシーズン6までしか無くて、この先のシーズン7からは米国で放映しているところなのだろう。他のドラマシリーズでも同じだったが、シーズンが長くなってくるとネタが尽きて来て、無理してシナリオを作るため、つじつまが合わないことが多くなって、流石に「これはもうダメだな」と思うので、今回もシーズン6で止めようかと思ってもいる。

何度も命を助けてもらっているのに、未だに「まだ、あなたのことが信用できない」だのグダグダ言うので、「また、始まりやがった!いい加減にしろ~!」と今までの米国ドラマと同じように怒り出して来たので、そろそろ潮時かなと思っている。ずっとドラマを続けて行くには、何かしら事件が起きないとダメなので、いつまで経っても安泰した生活は無いのだが、この辺がシナリオや脚本を書く人達の腕の見せどころだ。それにしても、まったく米国は次々と面白いドラマを作るもんだと感心する。