オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「米国のTVドラマは、エンドレス」

f:id:yoisyotto:20200309051929j:plain

以前、「24 -TWENTY FOUR-」という米国のTVドラマシリーズに夢中になり、新しいのが出るのを待っては近所のツタヤにレンタルDVD を借りに行ったことがあった。当時はすごい人気で、他の人達も新しいのが出るのを待っているため、開店と同時に借りなければならなかった。

結局、最後まで全て観た。ただ、あまりにもシーズンが続くとやはり疲れて来るし、飽きてもくる。どうしても長く続くとマンネリにもなるし、無理やり話を作ってるなあと思ってくる。

この「24 -TWENTY FOUR-」を観た後は、米国TVドラマシリーズは一切観なくなったが、最近また何か面白いのはないかと探していたら、人気が高くて日本版のテレビドラマにもなったという弁護士「スーツ」と、セレブ相手の医者「ロイヤルペインズ ハンス」というのが面白そうだったので借りてみた。

想像以上にこの2つのテレビドラマは面白くて、ずっと観ていた。ところが、「スーツ」はシーズン3に入り、「ロイヤルペインズ」がシーズン4に入る頃には、またあの「24 -TWENTY FOUR-」で感じたマンネリ感と、話を無理やり作っているという感じがして来た。

それと、「24 -TWENTY FOUR-」のときは、主人公のジャック・バウワーの娘キムが好き勝手なことをやっては、父親のジャックにかなり危険な思いをさせたにもかかわらず、懲りずにまた何度も勝手なことをやってジャック・バウワーが窮地に陥るので、「まったく、このバカ娘ならどうにもならん!」とイライラして、罵倒していた。

そのときと同じように「ロイヤルペインズ」の主人公ハンスの弟に対しても「まったくこのバカ弟は、また勝手なことばかりしやがって!学習できんのか!」とイライラし始めてきたので、これは体にも良くないし、キリがないと思ってやめた。「スーツ」も同じだろうと思って、やはり観るのをやめた。

確かに製作する方にしてみたら、ドラマの視聴率がいいとなんとか長く続けさせようとするので、誰かがなにか事件を起こさないと話しが続かない。以前、こういう米国のドラマは脚本家が何人もいて、皆でアイディアを出し合って話を考え、そして人気があれば延々と続けていくということを聴いた。

逆に人気がなければ、サッサと打ち切るのだろう。上記の、途中でやめたドラマシリーズも、あの後どうなったかなと最初は少し思ったりしたが、その内に忘れてしまった。これからは、もう米国のテレビドラマシリーズは観ることがないだろう。エンドレスで、疲れ果ててしまう。