オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「とうとう、最後まで観ちゃった“ブラックリスト”」

f:id:yoisyotto:20210303080557j:plain

米国ドラマの「ブラックリスト」を、もう観ないとか散々文句を言いながら、とうとうレンタルDVD店に有る、最後のシーズン7の9巻までの全てを観てしまった。Amazonのレビューでは、このシーズン7で主人公の謎が解けた様なことを書いてあったので、それじゃあそれを観てから止めようと思って最後まで観たのに、結局、謎は分からなかった。それなら観なかったのに。 

しかも、最後の9巻の撮影の時に、コロナウィルス騒ぎで撮影が中断してしまったそうだ。スタッフやキャストが集まって撮影が出来ない事態になり、それを解決する方法として、何んとアニメ版を実写版との間に所々入れて作り上げた。9巻の最後の方はそのアニメ版に所々なっているが、このアニメが実にアメリカらしいアニメで、日本のようなアニメではなく、劇画調というのか、慣れていないせいか見ていて違和感がある。それと、アニメと実写を組み合わせるのは、少し無理なような気がする。まあ、今回は仕方ないのだろうけど。

シーズン8は、米国では既に放映されていて、日本でもケーブルテレビとかで放映していたようだ。ネットでシーズン8のことを調べてみたら「ネタばらし」という内容のサイトで、観た人がシーズン8の各巻の内容を大雑排に書いてあった。それを読んでみたが、もうどうしようもないほどハチャメチャな展開になっていて、これはもう観なくていいと思った。こんなバカな話があるのかと思い、これならもう観るのを止めようと決めた。

このネタばらしをしている人も、CIAの連中は困った時は主人公のレッズに助けを求めて、主人公のレッズを「信頼している」と言っては何度も疑い、「助けてもらって感謝している」と言っては、最後は利用されたと言って責任を押し付ける、という毎度毎度の繰り返しで、あまりにもレッズが気の毒だと書いてあった。義理も人情もあったものではない。しかし、そう思っていたのは自分だけではないと分かり、ホッとした。というくらい、今までの人間関係の流れを全く無視している。

このサイトを見ていたら、150回記念とかいうことで、実際のスタッフやキャストがセットの所に集まって、製作者が、「シーズン9も、やることに決まった!」と発表して、皆が大喜びしている動画もあった。それで、主役と娘?役の二人も喜んで抱き合っていたのがせめてもの救いだった。もちろん、プライベートでの姿だが、何故かホッとした。というのは、シーズン8では娘が主役のレッズを憎んで、何度も暗殺しようとするという、とんでもないことになっているからだ。

シーズンもこれだけ長くなると、今までのストーリーの流れなど関係なく、無理なこじつけばかりで、辻褄が合わないことばかりだ。最終話は、いったいどうやってこのバラバラのピースを組み合わせるのだろうか、という関心はある。納得する結末にはならないと思う。疑問がたくさん出て来るはずだ。この「ブラックリスト」は、米国では視聴率は下がっているそうだが、放映される時間帯の番組の中では視聴率がまあまあいいので、それでシーズン9までやることになったそうだ。米国人は、イライラしないのだろうか。