オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「姉からもらったウクレレ」

f:id:yoisyotto:20200728080228j:plain

姉からもらった「コアロハ」のテナー・ウクレレ

先日、姉が持っていたウクレレの1本のトップ板にヒビが入ってしまったので、要らないかと言われたのでもらった。大きなヒビではないが、上からただ普通の接着剤を塗った応急処置をしたようで、その部分だけ塗装が剥がれた感じになっている。ヒビの隙間は、ほとんど見えない。音を出してみたが、音的にはそれほど変わりはないように思うが、今まで自分が持っていた5万円以下のウクレレの音色とは次元が違った。「これぞ、ウクレレ!」という音がして、音量もある。

Ko'ALOHA (コアロハ) というハワイの有名メーカーのもので、テナー・ウクレレだ。今回のウクレレの材質は、トップとサイドとバックの材料はコア材だと思うが、作りはすごくシンプルでボディの縁取りのバインディングが一切ない。見栄えは豪華ではないが、「ウクレレは、バインディングが無い方が音はいい」という話を聞いたことがあるので、音質重視なのだろう。そして、トップ材を見てみるとかなり薄い。これも、音を良くするために薄くしているようだ。それもあって、割れやすいのかもしれない。

このウクレレは、定価が15万円くらいの高価なもので、姉が数年前に知り合いの人から中古で5万円で安く譲ってもらったそうだ。今回、修理に出すことも考えたそうだが、買った価格に近いくらいの修理代がかかると思って修理は止めたようだ。実際に自分もネットで調べてみたら、youtubeでトップ板の割れ修理と、ブリッジの整形をメーカーで実演している作業動画があったので見てみた。

この時のウクレレは、恐らく20~30万円はすると思われる高価なウクレレで、またそうでなければザッと見積もっても5万円以上はかかるだろうという修理代を払ってまで、直そうとは思わないだろう。この動画を見ていたらトップの塗装をすべて剥がしているので、これは相当修理代がかかると思った。それから、割れの部分を修理していくのだが、割れがひどくならないように、割れている裏側に薄くて小さな木片の補強材を2枚ほど接着して、割れている隙間には周りの色と合う木材の粉を混ぜた接着剤“タイトボンド”を充填していた。

そして、その後に塗装を行っていたが、塗装は下地の塗装から始まり、日を置いて5回以上塗り重ねて行く作業が続くので、手間がかかる。しかし、仕上げは新品同様になる。ブリッジの整形は、ブリッジをトップ材から外してブリッジを整形して、そしてまたブリッジをトップ材に貼り付けるという作業で、これら全てが終わるのは、1ヶ月から2ヶ月だそうだ。肝心の修理費用は、全部で5万円ということで、自分が予想した7~8万円より安かった。アコースティック・ギターよりも、塗装面が半分くらいと小さいこともあるかもしれない。

ということは、自分のウクレレの場合だと、程度にもよるがブリッジの整形はなくてヒビ割れだけの修理で、トップ板全面の塗装を剥がさなくても、割れ部分周辺だけの塗装をやってもらうことは出来ないのだろうかと思っている。確かに、一部分だけの塗装になると、周りと色が合わなくてムラになる可能性もあるが、費用的にはかなり違うだろう。今後、金に余裕が出来たら、修理に出してみようかと考えてもいる。ウクレレで定価が15万円というのは、かなり高級だと思うので「一生モノ」にしようと思っている。