オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「ウクレレが、キタ~!」

   f:id:yoisyotto:20191018070730j:plain   f:id:yoisyotto:20191018070751j:plain
ネットで頼んでいたウクレレが来ましたよ~!テナーは初めてだったが、想像したよりも小さかった。正直、もっと大きいのを期待していたが、まあそれならミニギターになってしまうのか。外観を見ると、やはり1万6千円だけあって画像で見たよりも質感は劣るが、ただ、作りはしっかりしている。

サウンドホールから中をのぞいてみると、裏表のボディと側板を繋ぐブレーシングも雑だけどまあまあキレイに接着してある。ネックも真っすぐだ。弦高はメーカーは出荷する時はギターでもそうだが、ビビらないようにサドルを少し高くするようなので、このウクレレもそんな感じだ。ネックも握りやすく、フレットのバリもなくて良好だ。糸巻きのチューナーも結構、精度が良さそうだ。ボディの縁の貝の装飾とサウンドホール周りの装飾のロゼッタはキレイだ。

肝心の音だが、まあまあというところか。まだ弾いたばかりなのでチューニングがすぐ狂うが、その内落ち着くだろう。早速、「見上げてごらん夜の星を」のコードを調べて少しずつ弾いている内に、いい気持ちになって来た。

このウクレレは4弦がハイGだがローGの弦に張り替えようかと考えていたが、このままでもいい感じなので当分はこれで行こうと思う。今までギターを弾いていたから、下から段々と太い弦になって来るという感覚だったが、それが一番上が細い弦になって高い音を出すので戸惑ってしまうが、確かにこの方がハワイアンのウクレレという音がする。 

4弦をローGに張り替えるとなると、ナットの溝も広げなければならないのかもしれないということも考えると、今のウクレレをハイG専用にして新たに1台をローG専用にすると面倒でなくていいと思うが、またお金がかかるのでそれは今後のことになる。と言っても「俺のことだから、今度はピックアップも付いたウクレレでアンプで鳴らしてみたいとか思うんだろうなあ」と思ったりもするが我慢しないといけない。まずは、覚えなければならないことがたくさんある。

それにしても、想像以上にコンパクトで軽く、机の横にヒョイと置いておけるのがいい。弾きたくなったら、すぐ手を伸ばして弾けるのが実にいい。手軽に気楽に弾ける。これは、段々とハマりそうだ。市内のウクレレ教室も月に2回で5千円くらいなので、曜日と時間が合えば行ってみようかとも考えている。長い長い冬期間は、これだな。