オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「ウクレレのろ~じん?」

f:id:yoisyotto:20191021114016j:plain
ウクレレを手にしてしばらく弾いていたら、指先が痛くなった。アコギよりもずっと楽だと思っていたが、そうでもなかった。アコギのように、指先が硬くならないとダメなようだ。ナイロン弦でテンションも弱いというのに、痛い。さらに、弦間やフレット感が狭いので、押さえるのに苦労する。それで力も入ってしまうが、上手く押さえないと音が出なかったり汚い音になる。テナーだと、ソプラノやコンサートよりも大きいのでまだまだ弾きやすいと思っていたが、そうでもなかった。

次に、4弦の問題が出て来た。元々張ってある弦は、4弦がハイGという細くて高い音が出る弦だ。この弦だといかにもハワイアンという音になるが、ソロを弾く場合やアコギに近い感じの音だと、弦が太くて音が低いローGという弦を張るらしい。ロージーとは、老人(ろうじん)と聞こえる。自分のことか。ウクレレを弾く老人。

ということで、4弦だけローGの弦に張り替えようと思っていたら、ローGの弦はハイGの弦より結構太いので、ナットというところの溝を少し削らないと弦がきちんと入らないのではないか、という疑問が湧いて来た。調べてみたら、やはり溝を削って広げなければならないようだが、その溝を適当に削るわけには行かないんだろうなあと思った。

それで、さらに色々と調べていると溝を広げなくても弦が細いローGの弦があるようなので、それをとりあえず買って取り付けようと思う。FAMOUSというメーカーのローG
弦だ。ナットの溝を素人が削ったり掘ったりするのはとても怖くて、失敗するとナット全部を交換しなければならなくなる。

そんな、ウクレレの調整をやってくれるところが この近辺にあるのか調べているところだが、ギターの調整をやってくれるところはあるがウクレレも大丈夫なのだろうか。ナットだけでなく、サドルの調整や弦高も調整してくれるところがあるといいのだが。さらに、ピックアップの取り付けも。サドルに取り付けるピックアップだと自分では大変だ。 

アコギやエレキギターは、今まで北見市でギター製作やリペアーをしている「ユアリー・ギターズ」というところで、ずっと調整や改造などをお願いして来た。一番最初は、所有していたクラシックギターのネックが太過ぎたので細くしてもらったが、それがすごくキレイに出来ていたので、それから弦高調整やピックアップの取り付けや交換など色々と頼んでやってもらっている。

ウクレレも調整などはやってくれそうだが、ただこの安価なウクレレに送料をかけたり、調整の費用をかけるほどの価値があるのかどうか考えてしまう。それと、アコギ同様にそこまで微細な調整がウクレレには必要なのかと思ったりもするが、オクターブチューニングもやっているようなので、やはりキチンとした調整は必要なのか。

と、ギター本体のことで色々と書いて来たが肝心の演奏の腕の方はサッパリで、簡単なコードもなかなか弾けなくて苦労している。ということで、ウクレレで弾くスタンダード曲やジャズの曲の楽譜は買ったけれど、弾けるようになるにはまだまだかかりそうだ。これらの本がブックオフに行かないことを祈りながら、少しでも練習に精を出さなければならない。

しかし、自分はこの「やらなければならない病」にずっとかかっているので、なんでも重荷だと感じると、途端にやる気がなくなる。そうなると、ただ何時間もボーっとしてテレビを見ていたり、パソコン相手の将棋やマージャンを延々とやるはめになってしまう。あくまでも楽しむために、そこそこでやるようにしたい。職場の先輩は家で毎日ウクレレを弾いて歌っていて、楽しくて時間が経つのを忘れると言っていた。楽しむためにウクレレを始めたのだから、そうなりたいものだ。