オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「第4弾のスピーカー、やっと組立完了!」

f:id:yoisyotto:20191024110417j:plain

4台目となるスピーカーの組み立てが、やっと終わりそうだ。今朝、最後の横板のフタをして箱を閉じた。接着剤をたっぷり塗って隙間が無いようにしたので、このまま明日まで待つことになるが、昨今の朝晩の寒さでやはり接着剤の乾きが遅い。完全に乾いたらほぼ透明になるが、一日経ってもまだ色が付いたままだ。今朝の木工室の温度計を見たら10℃だった。

パテで接着面をかなり埋めたこともあって、完全な接着に不安があったので、一応数か所に頭をつぶした釘も打っておいた。完全に接着剤が乾いたら、今度は電動サンダーと紙やすりで表面をキレイに磨いてから塗装だ。これも暖かい内にやらないとならない。今回は、今までと違うクリーム色にしようと思っている。

とにかく、着手するまでなかなか気が向かないのが困るところで、一気にやっていればもう5弾も6弾も作り終わっているところだけど、それが出来ない。今回の組立も、この3日間でやった。どうも、「やらなければならない病」のせいか、少しでも急がないとやらないとダメだと思うと、途端にやる気がなくなる。他の人はこんなことが無いのだろうか。

この前、職場の人と色々と話していたら、「自分で作った料理は、あまり美味いと思わない」、「通販で欲しい物を買う時は、色々と悩んで買うまでが一番楽しい時で、それが届くとそれほど嬉しくない」とか、やっぱり皆もそうかと思うことがあった。通販で物を買った時など、楽しみで買ったものが家に届いても、それまでという感じで梱包を解かないでそのまましばらく置いたままということもある。ということで、自分だけではないということもあるようだ。

第3弾のスピーカーも、合間を見て時々エイジングをしていたが、やっと高音のとげとげしさが無くなって来た。どれくらいの音量で音を流していればいいのか分からないが、適当に少し大きめの音にしていた。部屋の戸を閉めていたが、結構な音なので音が漏れてくるのでうるさいと思うこともあったが、そろそろそれも終わりだ。

相変わらず、いい音で鳴っている。しかし、段々とその音に慣れて来ると、もっといい音を聞きたいと思って来る。第5弾は今よりももっと大きくて、もっと高価なユニットで作るつもりだ。それでバスレフは終わりで、その後はバックロードホーンのキットをやろうと思っているが来年以降になる。

真空管アンプの自作にも手を出そうかと思っていたが、話を聴くと真空管アンプのコンデンサーというところに電気が溜まっていて、電源ケーブルを抜いた後もそこに触れるとその電気が流れてかなりのショックを受けるらしい。その話を由仁町の喫茶店の一軒茶屋の店主にしたら、「すごいショックで痛いんですが、一度それを体験すると次から気を付けてやるようになるし、死ぬことはありません。ゴム手をして作業するという手もありますし」と言う。

「ああ、そうですか…」と言ったものの、これは俺には絶対に無理だと思って、真空管アンプの自作は止めることにした。電気には弱くて、静電気にもすごく弱い。昔から静電気が多い体質なのか、何に触れてもバチッとするので参っていた。真空管アンプは、今は安い中国製のでいいのがたくさん有るようなので、それにしようと考えている。