オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「ウッドデッキの解体」

     f:id:yoisyotto:20200712073919j:plain     f:id:yoisyotto:20200712073943j:plain

20年ほど前、家の前に大きなウッドデッキを作った。当時、勤めていた会社が終わった土曜の午後と、日曜日は丸一日かけて必死になって作った。そのウッドデッキで、夏は家族で焼肉をやろうかと思っていたが、息子二人が道路に面しているので、人に見られるから嫌だと言って、とうとう一度もやることがなかった。

さらに、我が家の愛犬キートンを何度もここに出したが、これまた嫌がってずっと家の中を見て、「家の中に入れろ」という風なので、とうとうここを使うこともなくなり、夏の天気の良いときに、時々洗濯物を干すだけになった。

最初は2年おきくらいに塗料の塗り替えをやっていたが、それでも少しずつ木が腐って来て、その部分を取り替えて補修もしていたが、段々と面倒になって来て放置していた。そしたら、もう次々と腐ってボロボロになって来たので、一部分を残して解体することにした。

かなりの木材を使っていたので、廃棄が大変だった。ただ、近所の親しいEさんが、「近所の風呂屋に聴いてみたらどうだ?」と言うので電話して聴いてみたら、持って来ていいと言うので、持って行った。市のゴミで捨てると、結構高いゴミ袋がかなりいるので、助かった。

ウチの息子家族も、新居にウッドデッキを作りたいと言っていたが、止めた方がいいと言った。ウチの近所は昔、新しい家が次々と建っていったが、ウッドデッキを作るところが多くて、それが憧れのようだったみたいだ。

家が出来た当初は、焼肉などをやっていたようだが、その1~2年後には、ほとんどの家のウッドデッキは物置と化していた。物を置いて、その上に青いビニールシートなどをかけている家が大半で、ウッドデッキで焼肉をやっている姿を見ることは、ほとんどなくなった。

焼肉をやっていても、ガレージでやっているところがほとんどだ。ウッドデッキで焼肉をやったり、優雅にティーでも飲みながらくつろぐというのは、日本人には向いていないのかもしれない。第一、北海道だ。外でくつろげる温かい時期が少な過ぎる。