オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「アベノマスク、ついに到着!」

            f:id:yoisyotto:20200606072155p:plain          f:id:yoisyotto:20200606072232p:plain

もうすっかり忘れていたら、昨日の午後に届いた。このアベノマスクは、今時点でまだ4割しか各家庭に届いていないようだ。しかも、このアベノマスクの調達費用と配送費用で、260億円もかかっているという。当初の政府の発表では、466億円ということだったが、多くの批判を受けた後は半分近くに減った。どういうマジックを使ったのかは分からないが、野党が批判すればすぐ数字は変わる。今の政権は財務省主導なので、そのときの都合に合わせて、コロコロと予算が変わる。安倍首相は批判に対しての反論は得意だが、口先ばかりのマジックで、段々と墓穴を掘って来たようだ。

200億円というと、今回のコロナウィルスのワクチンや治療法の開発促進と、人工呼吸器の費用とほぼ同額らしい。人工呼吸器だけだと、なんと5千台くらい買えるらしい。その金を、こんなアベノマスクに使ってしまうのだから、もう怒りを通り越して呆れるしかない。どうせ、政府の役人や官僚達は、自身や身内の者が感染しても、真っ先に一流病院でPCR検査を受けることが出来、真っ先に治療を受けて、未承認と言われているワクチンでもなんでも特別にやってもらえるのだろうから、我々庶民にはマスク2枚ほど与えておけば、それで大人しくしてると思ってるんだろうな。まったく、誰の税金で、そんなことが出来ると思ってるんだろう。財務省が必死になって消費税を上げるのは、そんなことだろう。自分達の利益しか考えてない。

名古屋に住んでいる従弟が、「アベノマスクが今日届いたよ」とメールをくれたのが、先月5月20日だった。それから半月後に北海道の我が家に届いた。それでも、まだ4割ほどで半分も届いていないというのだから唯々、呆れるしかない。あまりにもひど過ぎる。もう、この政権に期待するのはやめよう。かといって、次に少しでも良さそうなのは見当たらないし、まったく我が国の将来はどうなるのだろう。とりあえず、これから選挙の投票には絶対に行くことにした。だからどうなるというわけでもないだろうけど、ただ文句ばかり言っていても仕方がない。

最近、黒いマスクやら、手作りなのか模様の入ったマスクをしている人をよく見かけるようになった。以前は白色の使い捨てマスクばかりだったのが、大きく様変わりしている。黒いマスクは中国人や東南アジアの国の人達がしていて、あまりいい印象は我が国ではないので、普及はしないだろうと思っていた。それが、黒いマスクをしている人を街でよく見かけるようになって最初はゾッとしたが、それでも段々と慣れてきたので、それが普通になるのかもしれない。

それにしても、使い捨てマスクが安価で、あんなにいつも薬局に置いてあったのが、まさかこんなことになるとは、誰しも思わなかっただろう。また、いつかこんなことがあるかもしれないので、使い捨てマスクが安くなると少し多めにストックしておこうと思っている。多少高くても、日本製のものを買いたい。今回のことを教訓にして、自国でマスクや防護服やら医療関連品を生産することだ。中国や東南アジア製のものから比べたら、コストは間違いなく多くかかるのだから、国がその分を助成するべきだ。国家プロジェクトとして絶対にやるべきことだが、財務省の操り人形の安倍政権では無理だ。誰か、我が国の将来を真剣に考えて、実行してくれる首相が出て来ないものか。