オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「蕎麦屋 “思君楼”」

f:id:yoisyotto:20200531154758p:plain f:id:yoisyotto:20200531154834p:plain

先般、恵庭市恵み野にある蕎麦屋「思君楼 恵み野店」に行って来た。本店は恵庭市内の旧道にあり、最初はこの本店を探して行ってみたが、開店時間まで5分ほど前だったが、車は辺りに一台も停まっておらず、しかも駐車場がよく分からず、どこに停めていいのか分からない。店自体もかなり古くて、もしかしたら廃業しているのかもしれないと思い、この時間でも開く気配もないので、急遽変更して恵み野店に行ってみた。

しかし、この恵み野店も開店時間11時ちょうどに着いたが、店の入口に暖簾が出ていない。この恵み野の静かな商店街の駐車場は変わっていて、バス停みたいなスペースに車を停めるようになっている。それで、そこに車を停めて、もしかしたら暖簾を出していなくても店が開いているかもしれないと思って、車を降りると店の中から店員が出て来て、のんびりと暖簾を出し始めた。

店内は、小上がりもある昔風の蕎麦屋さんという感じだが、テレビがついていてテレビショッピングが流れており、しかも店員のオバサン2人が、奥の方でずっと雑談している。せっかく、落ち着いた蕎麦屋さんという感じなのに、どうかなあと思った。店内は雰囲気も大事だ。テレビショッピングは、さすがにマズい。自分の後に少しずつ客が入ってきて、段々と満員になって行った。

腹が少し減っていたので、蕎麦と天丼のセットを頼んだ。すると、「蕎麦はどれにしますか?」と言い「メニューに、4種類の蕎麦の写真が載っているので選んでください」と言う。「太打ち」、「細打ち +80円」、「黒細打ち +100円」、「石臼挽き +220円」があり、その中で茶色で一番太い「太打ち」を選んだ。追加料金が、かからないこともあった。

これが結構、想像以上に太くてコシも強くて自分好みではあるが、麺つゆの味がもう少し濃い方が良かったかもしれない。濃くないと麺につゆが負けてしまう。自分は、昔食べた「音威子府村駅」の中にある立ち食い蕎麦の、独特の真っ黒で太い麺だが、それに負けない濃い麺つゆとの相性が抜群に良い美味い蕎麦が、今も忘れられない。

ということで、注文してから出てくるまで20分ほどかかった。まあ、天丼を頼んだから仕方ないかと思ったりもした。この店のレビューをネットで見たら、本店とはまったく別物の味だとか、本店の方がいいとか、支店の方が好きだとか、やはりそれぞれの好みで色々と意見が変わる。自分の評価は、まあまあというところか。本店もいつか行ってみたいと思っている。