オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「ラーメン店 “奥原流 久楽”」

f:id:yoisyotto:20200129130950j:plain

醤油ラーメン 790円(税込)。

職場の人に薦められて、職場からすぐ近くの“奥原流 久楽”という仰々しい名前のラーメン店に行ってきた。普通はみんな“久楽”と呼んでいる。ここは10年位前にはラーメン店“麺蔵”があり、何度か家族で食べに来たことがあった。昼11時40分頃に店に着くと、店の前に10台ほど停めれる駐車場は、ほぼ満杯だった。考えてみたら日曜日だったので、家族連れが多かった。

メニューを見ると実に色々とあって、つけ麺や油そばやお子様セット、さらに各種ドリンクなどなど、かなりの種類があって、それも家族連れには人気なのだろう。味噌ラーメンは、特に色んな種類があり、恐らくこの店は味噌ラーメンがベースだと思うので、また来ることがあったら、味噌ラーメンを試してみたい。

醤油ラーメン派の自分は、醤油ラーメンを頼んだが、マズくはないがそれほど美味しくもなかった。それと、少ししょっぱくて、タレを最後まで飲む気にはならなかった。どんなラーメンでも、だいたいは、それなりに美味いと思って食べることが出来るが、極端にしょっぱいのや、味が薄いのはダメというか、そういうラーメンは珍しい。(しょっぱいとは、塩味が濃いという意味)

それくらい、今はどこのラーメン店で食べても、味の違いは千差万別あるが、しょっぱいとか、味が薄いとか感じるラーメンは、あまり食べたことがない。昔、田舎に居た時に、夜飲んだ後に締めとして、或る居酒屋のラーメンが定番になっていた。知人が「あそこのラーメンは、昼間に行って食べると、しょっぱくて食べれたもんじゃない。夜飲んで、味覚が麻痺しているから丁度いいんだな」と言っていた。