オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「自作スピーカー第3弾!着手①」

f:id:yoisyotto:20190906093216j:plain
今、3台目になる自作スピーカーの製作に取りかかっている。今度のは合板でスピーカー・ボックスを作っている。この合板はホームセンターに、寸法を書いた紙を渡してその通りに切ってもらっているが正確でキレイに切ってもらえるし、切る手間がかからないので非常に楽だ。自作スピーカーを作っているプロも、切断はホームセンターに頼んでいるようだ。

ということで、今回は今までのMDF材とは違って合板になるが、MDF材は木を細かく砕いたのを圧縮して固めて成形してあるので、表面はすべすべで切り口もキレイで反ったりすることもまずない。合板は薄く切ったのを貼り合わせてあるので、表面は普通の板のような感じで種類によってはすべすべとしているが、切り口のところどころがわずかに欠けていたりして表面も荒い場合がある。

取り扱いはMDF材の方が楽だが、専門家によるとMDF材よりも合板の方が(種類にもよる)、音は良い傾向になるそうだ。1作目で作ったスピーカーはMDF材だったので、今度の合板のと音がどう変わるのか楽しみだ。仕様はスピーカーユニットなどは1作目と同じだが、ただ今回はビス留めは一切していなくて木工ボンドで全て接着する。

前面のスピーカーユニットの穴と低音を出すパイプの穴と、後ろのスピーカーターミナルを取付ける穴の3ヶ所を何とか開けてから、早速バラバラの組立前の状態でスプレー塗装をしてみた。まず、気がついたのはMDF材と違って表面がツルツルしていないのでアラが目立って、小さな凸凹が出来た。これは細かい番号の紙やすりで磨いたらツルツルになったので、これでもういいかと「丁寧さよりも早さ」をモットーとする自分は納得した。

それと、合板の一番上に貼ってある薄い木材には木目があるのでMDF材の時はそんなことは考えなかったが、今回は表板と裏板の木目が横になってしまった。塗装を厚く重ねて凸凹をなくして木目を消して、完全に平面にしてしまえば問題はないのだろうが、木目が少しでも残ってしまったらどうなのか。

塗装をする前にある程度紙やすりをかけてツルツルにして、その後に塗れた雑巾でその粉などをきれいに拭いたのだが、ホームセンターで売っていた使い捨てのような雑巾で拭いたら、合板の場合はMDF材よりも材質が荒いので、小さなささくれなどに雑巾の小さな糸がたくさん引っかかってしまい、なかなか取れなかった。それで自分の古い下着を切った布で拭いたら、今度は大丈夫だった。こんなこともMDF材と違っていた。

まず片方のスピーカーボックスの各部材の表面をスプレーし、仮組立てをしてみて気づいた。表面の木口が塗装されていない。それと、この組み立て方ではマズいのではないか。表面と裏面は、木口が出て来ない継ぎ目のない1枚板でなければならないのではないかと思った。もちろんそうなると、ビスを使った場合は表面にビスの頭が見えてしまうことになり、それもあるのでこれからの製作はビスを一切使わずに、強力な木工ボンドを使おうと考えていた。

f:id:yoisyotto:20190906095737j:plain

特にタイトボンドというのはギター製作にも使っていて、うまく接着すると非常に強力で無理やり剥がそうとすると、木がバリバリとくっ付いて来て表面が剥がれるほどだ。それくらいなら、いくらスピーカーを乱暴に扱っても、ガンガン音を鳴らしても剥がれることはないだろうと思っているのだが。うまく接着すれば大丈夫だと思うし、2作目のメーカーの担当者にも聴いてみたら、接着剤だけでビスを使わなくても大丈夫だと言っておられた。しかし、やはり上手に接着するということだろう。

接着する面のホコリなどを濡れた布でキレイに拭き取り、その後完全に水分が残っていない時にタイトボンドを接着する双方の面に多めに塗り、一度軽く塗り合わせてから重ねて重しをかけるか、クランプできつく締める。この時に前面からタイトボンドがはみ出るようでなければ、面と面が完全に貼り合わさっていないという。はみ出たタイトボンドは濡れた雑巾などですぐに拭き取ると、後で固まって塗装の時に塗料が乗らないということがなくなる。

ということを、実は数年前に簡単なギター製作を半年間習いに行った時に、先生からボディの接着や裏面のブレースという木片を貼る時に教えてもらった。それと、塗装の時に缶スプレーを買ってきて塗装をしたが、最初から結構上手く行くのであれっと思ったら、それもそのギター製作の時に、コンプレッサーでの塗装だったが少しだけやり方を教えてもらったことがあったからだと気づいた。あれが、今回のスピーカー作りにも少しは役に立ってると思う。

次はいよいよ組み立てだ。接着が果たして上手く行くかどうか。自分の製作方法だが、大事な作業の時ほど気乗りがしないと手を付ける気にならず、気乗りがすると一気にやってしまうという性格で、気乗りがしない時にやっても失敗することが多いので、気合が入っている時に一気にやってしまう。

ということで、続きをがいつになるのか自分でも予想が付かない。若い時は、夢中になると毎日続けてやったのだが、歳のせいか、いや、段々と慎重になって来たせいか、完成までに時間がかかる。しかし、こうして試行錯誤してやっているが、自作スピーカー作りのベテランの方からしてみたら「何やってんだ!」と笑われていると思うが、まあバカみたいなことをやって失敗しながら作って行くのも素人の楽しみと思っている。