オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「香港・マカオ・深セン旅行」

f:id:yoisyotto:20190907064159p:plain

2008年に10月11日から10月15日の4泊5日の日程で、「香港・マカオ・深センのツアー」に行った。北京上海に行って、5カ月後だった。これも香港株のトレードもやっていたこともあり、是非見てみたいと思ったからだ。それに前回の「北京と上海の旅」同様に、日本国内のツアーよりも安かったので、「ダイナミック 香港・マカオ・深セン 5日間」に行くことにした。

新千歳発で香港空港への直行便なので楽だった。香港空港に飛行機が到着したので席を立って出口に向かって通路に並んでいると、なんと以前職場で一緒だった中年の女性事務員の夫婦とバッタリ会って驚いた。同じツアーだった。旦那さんは昨年定年退職になり、嘱託でまだ勤めていたようだった。この旦那さんは自分よりも5つ年上だったが、無口で大人しいので最初はほとんど話すことはなかったが、お互いに女房のお下がりの古いデジカメを持っていたりして、女房にしいたげられている同じ境遇などから徐々に打ち解けて来た。

香港旅行で印象に残っているのは、まず朝食に連れて行かれて食べた「おかゆ」だった。「何だこりゃあ!」と最初はツアーのみんなも呆れて笑っていたが、食べてみると「何だこりゃあ!美味い!」と感動した。後で聴くと、この「おかゆ」はホタテの貝柱を水で戻した出汁を使い、他にも色々と高級食材が使われているようだった。恐るべし香港(中華?)料理。香港は島だが、海産物も農産物もほとんどは周りの国から輸入しているそうで豊富だった。

次に驚いたのは、香港は小さな島なので土地が狭いため、とにかく高層ビルが乱立していて、山の上から見下ろすとビッシリと隙間がないくらいビルや家屋が建っていて、すごい眺めだった。夜は、有名だというネオンのようにギンギラギンに電飾されている豪華船で食事をするという船をバスで見に行った。その船をツアーの人達みんなで離れた陸地から見ている内に、すぐ隣りにある建物の間にあったテニスコートでライトを照らして夜間テニスをしている人達に興味が湧いて、みんなそっちの方に行ってしまった。すると現地の添乗員さんが、「あなた達はどこを見てるの?」と言って吹き出したので、みんなも大笑い。観光名所よりも、地元の生活風景の方が面白かった。

翌日はマカオに行って、買うのが大変だという名物の「エッグタルト」店で、添乗員さんが買って来たのを食べたが、それほど美味いとも思えず何でこんなのが名物なのかサッパリ分からなかった。それと、あの「フランシスコ・ザビエル」の遺骨がある教会も観てきた。超巨大ホテルの「ヴェネツィアン・ホテル」も観てきたが、ものすごい大きさだった。

次の日は、香港から一番近い中国本土の「深セン」に行った。かなり大きな都市だが、中心部以外は田舎のようだ。まず「大空作物園」というところに連れて行かれたが、たくさんのビニールハウスがあって入口の前にロケットの模型が飾ってあり、どんなすごい農園かと期待したが、受付に誰もいなくて添乗員が探しまわっていた。やっと、普通の農家のオジサン風の人がやって来たが、奥で何か食べていたようだった。そして園内を見たが、普通の農園で特に興味を引くものは何もなかった。

その後、地元のスーパーを見学するということで下町のようなところでバスから降ろされ、みんなで歩いてそのスーパーに向かったが、中国なのでどれほど巨大なスーパーなのかと想像していた。途中で、日本の小さな雑貨屋のような小さなコンビニだという店にみんなが入って飲み物を買ったので、自分もそこで飲み物を買った。3人入ったら満員で、すれ違って歩くことも出来ないほど狭かった。すると皆がそのままバスに戻って行ったので、スーパーの見学は一体どうなったのかと不思議に思い、女房に聴くと「あのコンビニがスーパーだよ!」と言う。「あ、あれが…!」。

というようなことで、香港や中国はなにか得体が知れず、面白いことがたくさんあった。香港自体は国際的な都市という感じだった。ここは前回の中国と対照的で、狭い土地に隙間なく建っているビルの中身は、ギュッとたくさん詰まっているような感じがした。