オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「難航している4台目のスピーカー製作」

    f:id:yoisyotto:20190925071707j:plain     f:id:yoisyotto:20190925071748j:plain
前回、合板の欠けや凸凹を木工パテで埋めたのはいいけれど、それからある疑問を感じた。それは、組み立てる時に木工ボンドで接着するが、木工パテの部分がキチンと接着するかということだ。それに、木の場合と違って木工パテの部分から剥がれて来るのではないかと思い、今回はビスを使わないで木工ボンドだけでの組み立てはやめようかと思っている。

釘を使って、釘の頭を潰して合板の表面から釘の頭が出ないようにしようかと考えている。塗装の時に、釘の頭が出ていると格好悪いと思ってのことだ。ということで、やっと次の段階に進むことになるが、とにかく作るペースが遅い。製作の悩みがあると、しばらくどうするか考えるので次に移るまでが長い。

この他にも、一番肝心なスピカ―ユニットがまだ決まっていない。今までと同様にフォステクス製が無難なところだが、ただ今回は別のメーカーの安いユニットの音を聞いてみたいので、その選択に迷っている。それで前述したが、図書館で見た「ステレオ」という月刊誌に載っていた近郊にある喫茶店を2回ほど訪れて、マスターに接客で忙しい中、少 しだったが話を聴くことが出来た。

とにかく、祝日の昼ということで客が次々と来るので悪いと思って、スピーカーボックスの寸法と容量などを書いたのと、候補に挙げている2つのユニットを印刷したのを渡して置いて来た。また、後日、喫茶店が忙しくないという平日の午後2時過ぎに訪ねて詳しく聴いて来ようと思っている。

由仁町にある「一軒茶屋」というこの喫茶店は林の中に有って、道路を走っていたら小さな古い看板が道路わきに有るだけで店は林で見えず、最初に行った時はなかなか見つからなかった。坂になっていて、途中の駐車場に車が3台ほど停まっていたので分かった。

店も古い家で外観ではここが店だとは思わなかったが、店内の明かりと内装を見て入って行ったら、すぐ右側に大きな自作のバックロードホーンのスピーカーが置いてあり、音楽を小さな音量で流していた。スピーカーは、他には端の方に知人からもらったという2~3台の小さな自作スピーカーが置いてあったが、鳴らしてはいないようだった。

それよりも、自作の小型の管球アンプが数十台も置いてあり、その隙間に色々な管球が数多く置いてあった。大きなバックロードホーンは重量もかなりあるようで製作もかなり大変だったらしいが、工作をしていたところから店舗に運ぶのが、奥様と二人でこれまた大変だったらしい。もう二度と作りたくないと言っていた。

この近郊のオーディオ好きの人達が10名ほど、定期的にこの喫茶店に集まって自作スピーカーを持って来たリ、CDを持って来たリ、音楽鑑賞に来たりしているそうだ。ただ、もう10月に入るとこの天井の高い喫茶店では寒さが厳しくて集まるのは無理なので、9月末で今年は最後の集会ということだったので参加は出来なかったが、来年は是非参加させてもらいたいと思っている。みんなでああだこうだと、オーディオについて語り合うのは楽しそうだ。

確かにそろそろ寒くなって来て、今朝も12℃くらいで肌寒い。問題は、我が家の物置を改造した木工室でどれくらいスピーカー製作がやれるかだ。寒いのでやる気がなくなることもあるが、木工ボンドの接着が寒さでなかなか固まらないと思うので、それが一番の問題になる。一冬の間、木工ボンドを木工室に置いたままにしたことがあったが、凍結したようで中身が分離してしまった。

室内で工作をやったこともあるが、ハタガネで締めたりするのでスペースもいるので結構大変だ。北海道はこの寒さと雪があるので、半年近くある冬期間の作業は限られる。もったいないなあと思うが仕方ない。木工室にポータブルの灯油ストーブも入れたことがあったが、全然それで間に合うような寒さではない、木材やその端材や木粉ばかりなので安全面のこともあって止めてしまった。震えながら作業をして、手もかじかんで(方言か?)しまって動かなくなるので、作業は無理だ。ということで冬期間の間、家の中でどれだけスピーカー作りがやれるか、考えているところだ。

画像は左から、道路から喫茶店までの坂の途中にある駐車場から入口の道路を写したもの。右は駐車場から店舗の方を写したもの。右上に林に隠れた店舗がわずかに見える。