オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「映画 サウンド・オブ・ミュージック」  

f:id:yoisyotto:20190830064519p:plain
レンタルDVDを借りて来て、久しぶりに懐かしい映画を観た。この映画は確か中学生の頃にTVで初めて観たと思うが、最初は「ミュージカルか~!」と思って期待しないで観たが、観ていく内に予想に反してスリルのある非常にスケールの大きい展開に、すっかり魅入ってしまった。初めの方は有名な”ドレミの歌”や”エーデルワイス”が歌われたりして、のどかな感じでずっとこんな風に続くのかなと思っていたが、そうではなかった。

この映画は実話が元になっているというのがすごいところで、舞台は第2次世界大戦中のオーストリアのザルツブルクでヒトラーがオーストリアを統合することになり、反ナチスの主人公の家族がドイツ親衛隊の厳しい監視を逃れてアルプスを越えてスイスへ脱出するという緊迫感あふれるストーリーだ。

この実在した家族は、逃亡したスイスからフランス、イギリスへと渡り、イギリスからアメリカに渡って永住した。アメリカに渡ってからは「トラップファミリー合唱団」として演奏旅行で身を立てていたが、かなり生活は苦しかったようだ。そして渡米してから3年後にバーモント州に自分たち家族だけで手作りの家を建てて住んだ。

現在はそこに「トラップ・ファミリー・ロッジ」というホテルが出来て、たくさんの客が訪れているそうだ。数年前にNHKBS放送で「サウンド・オブ・ミュージック マリアが語る一家の物語」というドキュメンタリーが放映されたのだが、この家族の次女である“マリア・フォン・トラップ”が、オーストリアでの子供時代の思い出から、アメリカに移住してからの苦労などを語っていた。

1965年に公開された映画で今から50年以上も前の映画だが今見ても面白く、素晴らしい映画だと思う。主演のジュリー・アンドリュースは「メリー・ポピンズ」でアカデミー主演女優賞を獲っている。ところで、こうしてこの映画のことをネットで色々と調べていたら、面白い話しを見つけた。

自分は、オードリ・ヘップバーン主演のミュージカル映画「マイ・フェア・レディ」の歌の吹き替えがジュリー・アンドリュースだと今まで勘違いしていたが、“マーニ・ニクソン”という一般的にはほとんど無名の歌手だった。この人は「王様と私」、「ウェスト・サイド物語」、そして上記の「マイ・フェア・レディ」というハリウッドミュージカルを代表する名作の主演女優の歌声を、すべて吹き替えているというすごい人だ。

ただ、この人の容姿も分からず、映画のエンド・クレジットにも名前すら出なかったようで、その内に熱心なファンの声があって「サウンド・オブ・ミュージック」で初めて修道女“シスター・ソファイア”役として、晴れてスクリーンでその歌声と姿を披露することになった。挿入曲「マリア」でマリア役のジュリー・アンドリュースと競演し、映画のラストではナチス憲兵隊の車からエンジンの部品をこっそりと取り外したり、という役を演じているそうだ。今回はそんなことも注意して観てみた。映画は、そういう裏のことも分かるとさらに面白い。