オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「レンタルビデオを、5本観た」

  f:id:yoisyotto:20200629062046p:plain f:id:yoisyotto:20200629062405p:plain f:id:yoisyotto:20200629062309p:plain f:id:yoisyotto:20200629062233p:plain f:id:yoisyotto:20200629062143p:plain

「ザ・ファンブル」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」、「X-MEN/ダーク・フェニックス」、「ジョン・ウィック/パラベラム」、「ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ」の5本を借りて来て、観た。「ザ・ファンブル」だけ邦画で、残り4本は洋画だ。「ザ・ファンブル」は、思っていたより面白くなかった。主演の岡田准一だが、以前からどうも演技がイマイチな感じがして、馴染めない。この映画の中で、テレビのお笑い芸人を観て大笑いするシーンもあったが、それもわざとらしくてダメだった。この5本のビデオの前に邦画の「コンフィデンスマンJP」も借りて観たが、特別面白いとは思わなかった。最後のどんでん返しも今ひとつだった。

邦画でどんでん返しなら、昔の「鍵泥棒のメソッド」や「白ゆき姫殺人事件」や「カラスの親指」の方がはるかに面白かった。今でも、何度観ても面白い。「ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ」は、まあまあで、SFXはすごいと思った。ただ、モスラが中国の昔の言い伝えに出て来るというのが少し気に入らなかった。映画製作に中国資本がまた入っていて、なんでも中国発にしてしまうのではないかと疑った。本家本元は日本の映画だし、小さい頃から夢中で観てきたシリーズなので尚更だ。まあ、最後は日本が世界に誇る渡辺謙が、美味しいところを持って行ったので、まあいいか。

「ジョン・ウィック/パラベラム」は、キアヌ・リーブスが主演のハード・アクションの映画だ。ハード・アクション映画というだけあって、映画のほとんどがアクションばかりで、アクションには興味のない自分はそこだけ早送りして観た。あまり内容の無い映画だったが、最後に組織にやられた主人公と同じ立場の男が、復讐をするぞというところ終わったので、次もあると思うので観てみたい。最後の復讐をするところを観ないと、どうもスッキリしない。それにしても、キアヌ・リーブスの最近の主演映画は、同じような役ばっかりだ、この手の専門になったのか。

「X-MEN/ダーク・フェニックス」は、相変わらずのすごい超能力やらパワーやらが飛び交っていて、その中でも宇宙規模のパワーを持つ「ジーン」がすごい。前の作品でも、ジーンはすごいパワーで圧倒的な強さだったが、怒るととにかく、ものすごくて神のようになる。やはり、今話題の渡部建や東出昌大も、山の神を甘く見過ぎたから、えらい目にあって、とっちめられている。女性を甘く見てはいけない。ただ、このシリーズは最初からすごく好きでずっと観ていたが、もうネタも尽きたようで相変わらずのパターンなので、飽きてきた。次作は、もう無いと思うのだが。 

「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、このシリーズの本当に最後のようで、とうとうタイムマシーンで過去にさかのぼって、悲劇の過去を変えるという話だが、犠牲者が2人出てしまったが、最後はしみじみとした終わり方だった。これで、本当に終わりなんだろうなと、エンディングのスタッフの文字がすべて表示され終わった後に、また次に続くような画像が出ないだろうかと観ていたが、出なかったので本当に最後なのだろう。

元々、SFが大好きなので、こんな歳になってもこんな映画を楽しみにして観ているが、いつかもっと驚くようなSFが出て来ないかなと期待しているが、もう話が出尽くしたようで、なかなか出て来ない。でも、もうそろそろ自分もあの世に逝って、SFよりももっとすごい世界を体感することになるのだろうから、SFもこんなところでいいところなのかもしれない。