オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「猛吹雪、同僚の惨事」

f:id:yoisyotto:20210227081432j:plain

職場の同僚が、2月24日の猛吹雪の日に「大変な目に会った」と詳しく教えてくれた。それは、同僚が朝7時に用事で家を出て、周りが畑ばかりの長沼町方面に向かって走っていたが、猛吹雪で前がほとんど見えなくて、前を20~30キロの速度でノロノロと走っていた1台の乗用車の後を、恐る恐る付いて行った。

車はみんなライトを点けて、更にハザードランプ(駐車灯)を点滅させて走っているほど視界は最悪で、前の車は道路が見えないようで、時々道路の真ん中や対向車線をフラフラと走っていた。その内、十字路の信号のところで、前の車は直進して行ってしまい、同僚の車は左折した。その途端、前方がほとんど見えなくなり、かすかに見える道路脇のポールや看板を頼りに走っていたが、突然左側にハンドルを取られて、道路脇の側溝に落ちた。

それで、すぐJAFに電話したら、「この天気なので事故が多発していて、到着の目途が全く立たない」と言われ、仕方なく車の中で待つことにした。吹雪が少しおさまって周りが薄っすらと見えて来た時、20mほど先に1台の軽自動車がこちらの方に向いて、同じように側溝に落ちていたのが見えた。自分だけではないと少しホッとしたが、30分ほどしたら車が来て、路肩に落ちていた軽自動車から年配の女性が出て来て、その車に乗って側溝に落ちた車を残して行ってしまい、同僚は自分1人だけ取り残されたようで、呆然としていたそうだ。

そのまま斜めになった車の中で2時間半も待ち続け、その間もJAFに何度も電話したが、「全くメドが立たない」というばかりなので、仕方なくタクシーを呼んで、近くの南幌町のバスターミナルに行った。2時間ほど待合室で待っていたが、昼になって腹が減ったので、近くの食堂まで歩いて食べに行った。それからもJAFに電話したが答えは同じなので、このままではいつになるか分からないと思い、またタクシーで江別市内の自宅まで戻った。

そして、やっと午後3時半頃にJAFから連絡があり、家まで迎えに来てもらって、一緒に現地に向かって車を引き上げ、全て終わったのが午後4時で、結局、朝7時から午後4時まで、約9時間もかかったそうだ。ただ、JAFの人は感じも良かったが、狭い道路で大型トラックも頻繁に走っているのに、実に要領よく一生懸命にテキパキと作業するので感心したそうだ。それまでは、JAFの受付に「何のために金を払っているのか、分からないな」と文句を言おうかと思っていたが、その気持ちも無くなったそうだ。

しかし、災難はそれだけではなく、車内にずっと居た時に地元の警察が様子を見にきて、事情聴取の為、車から出てパトカーに向かって歩いている時に、ツルツルの路面で滑って体が浮き、後ろから勢いよく落ちて、背中や腰や後頭部を強く打った。その後、自分の車を見て通報が警察に行くと困るので、ということで幅の広い黄色いテープに事故車と書かれているのを車の周りにグルグルと巻かれたが、車から出入りする時に邪魔で仕方なかったそうだ。警察が来ても、ろくなことが無いと怒っていた。

悪いことばかり続くので、一度、お祓いしてもらおうかと思ったが、乗ったタクシーの運転手さんが、「朝から今までの時間に、この数百メートルの区間で、7台の車が側溝に落ちていましたよ」と言ったので、それなら仕方ないと納得したそうだ。「それでも、この程度で良かったかもしれない。正面衝突とか、他の車と関わった事故ならもっと大変だった」と言っていたが、確かに不幸中の幸いなのかもしれない。