オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「いつ終わるのか? 虫歯の治療」

f:id:yoisyotto:20200612075111j:plain

歯医者に行ったのは、半年ぶりだ。そのときも虫歯が痛んで何回か通ったが、そのときから今の歯医者に通っている。それ以前は3件ほど歯医者を変えているが、何故歯医者をそんなに変えたのかというと、その理由は治療方針の不信感と、先行きが見えないということだった。何度も聴いて確認しないと、いつ治療が終わるのかが分からないことだ。昔は、「ここが痛い」と言ったら、その箇所だけ治療して、程度によるが当日で終わるか、長くても2~3回の通院で終わったが、今の歯医者は違う。

ここの歯が痛いと言うと、まずレントゲンでその箇所を撮影するが、それからその治療をする前後に、いつの間にか上下すべての歯茎に針のようなものをチクチクと当てて検査のようなことをやっている。各歯茎の程度を調べているようだが、1ヶ所の虫歯の治療を頼んでいるのに、なぜすべての歯茎の検査をやるのか不思議だ。その後は痛んでいる歯茎の説明や、さらに歯垢が溜まっていて虫歯や歯茎の悪化の原因になると言い、歯垢の掃除をした方がいいということになる。そして、そのために何日か通院ということになる。

江別に移り住んできたときに、ひどい歯痛で近所の個人の歯医者に行ったことがあった。そのとき、40代位の男の先生が治療をしながら、今の歯を抜いて金の入れ歯にした方がいいとか言いだした。業者に頼むから早い方がいいと何度もせかさられた。こっちはそれよりも痛い歯を早く何とかして欲しいので、「後で考えてみます」と言うのだが「急がないとダメだ!今、決めてもらわないと困る」とか言う。結局、頼まなかったが、ひどい治療で無理やり虫歯を抜こうとしたが血があふれ出して、その日は抜かなかったが、ずっと夜中まで血が止まらなかった。

それで、その歯医者はどうかと思って翌日、当時勤めていた会社の事務員に薦められた歯医者に行ってみた。そこは夫婦二人でやっているようだったが、とにかくテキパキとしていて治療が早く、先の歯医者で抜かなければだめだと言われた歯を見せたが、「抜かなくても、全然大丈夫ですよ」と言うので驚いた。先の歯医者が言っていたことは一体なんだったのだろうかと。そして、2回ほどの通院で治り、その後もずっと問題がなかった。

数日してから、近所の歯医者が廃業していなくなったのを知った。恐らく、経営が大変だったのではないだろうか。それで、早急に少しでも金を集めたかったのかもしれないが、詐欺のようなものだ。そんなこともあったので、歯医者の治療に関しては少し疑うようになった。今は特に個人の歯医者が、コンビニの数よりも多いらしく、過剰供給状態で競争が激しく、やっていくのは大変らしい。だから、少しでも長く患者を留めさせようとしているのではないだろうか。

今通っている歯医者も、今の場所に今年移転する前は近くの古いビルの中にあり、そのときに行ったら、まず紙を渡されてそれには、「急ぎの治療か?」、「その箇所だけの治療でいいか?それとも、他の悪いところも治療するか?」とか、細かく治療方法が書いてあり、自分が望む治療のところにチェックを入れて受付に渡すようになっていた。それを読んでいて、「そうだよなあ、これが本当だよなあ!」と思った。改めて自分の思っていたことが間違っていないと思った。

今通っている歯医者は法人のようで、先生もアシスタント?も多数いて、今年新しく建てた立派な2階建ての建物に移ってから、その用紙がなくなった。もしかしたら、経営者が変わったのかもしれない。そして、他の歯医者と同じように、頼みもしないのに歯茎の検査をやり、一体いつ虫歯の治療が終わるのか、という説明もなくなった。新しく建てた建物の費用や、多くの先生やアシスタントを抱えているので、その費用などを回収するために、他の歯医者と同じような方針にしたのだろうか。

今回は3~4日の間を置いてから、また来てくれと言われているが、「いつ頃、この治療は終わりますか?今月中には終わりますか?」と、毎回変わる先生の内の一人に聴いてみたら、少し驚いたようでアシスタントの若い女性と相談して「今月中には難しいかもしれません」と言った。もうすでに、3回の治療で1万5千円もかかっている。この調子では、3万円近くになるかもしれない。年金生活者には大変な出費だ。今度行ったときには、今月中に終わらせてほしいと言うつもりだ。

今回の治療の経緯も分からないので、「結局、神経は取ったんですか?」と聴くと、「はい、神経はボロボロになっていたので取りました」と言う。それすらも、聴かされていない。以前は治療経過の説明もキチンとしてくれたのだが。ここも今回でやめようかと考えているが、果たして自分が望む歯医者はどこかにあるのだろうか。