オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「歯医者の恐怖の麻酔」

f:id:yoisyotto:20200610222154j:plain

約3週間くらい前から右側の上の前歯が痛み出し、物を食べると染みて痛んで辛いので、いつもの歯医者に行くことにした。最初に痛む歯の箇所のレントゲンを撮ったが、やはり神経が悪いようだった。ただ、その箇所は、自分の歯ではなくてブリッジというのをしている箇所だったので、そのブリッジを外してプラスチック製のを替わりに作り、それを毎回外して治療している。プスチックの代替品は、3,300円だった。

歯医者に行って昔から恐怖なのは、あのいきなり「ブスッ!」と麻酔の注射針を歯茎に刺すやつだ。「ブスッ!」、「うわー!」、「ジワー」と、麻酔が広がって効いていくのだが、あの最初の針を刺す痛みがひどくて、治療イスから飛び上がりそうになる。その瞬間、心臓がバクバクして心臓が悪い人は大変なことになるんじゃないかと、いつも思っていた。涙目になって、「いきなり、ひどいじゃないか~!」と言いたくなる。

それで、今は最初に先生に「麻酔をやるんですか?」と聴き、「あれが、ひどい苦手なんですよねえ」と言うようにしている。すると「それでは、最初に脱脂綿に染みらせた麻酔を、患部に十分に染みらせてからやりますね」と言って、歯茎をかなり麻痺させてから、麻酔針でブスッとじゃなくて、少しずつチクチクと刺していくので、ほとんど痛みを感じない。

そういえば、以前もそれでやってくれたことを思い出し、今回もそれでやってくれたようで、先生に「あれ?もう麻酔したんですか?」と聴くと、「はい」と言うので、「全然、痛くなかったです」と笑って言った。先生も「そうですか。良かったです」と言った。しかし、皆はあの「ブスッ!」が恐怖じゃないのだろうか? 俺だけなのか、こんなに恐れているのは。

その翌日もこの歯医者に行って、今度は違う中年の男の先生だったが、この人も同じように麻酔をして、やはり全然痛くなかったので、最近の歯医者の麻酔はこういう風になったのだろう。普通の注射針だって、痛くないように改良されていて、これだけ科学も医学も進歩しているのだから、あんな「ブスッ!」といきなり歯茎に注射針を刺す、ひどい麻酔の方法をやり続けるわけがない。

これで、あの恐怖がなくなったと思うとホッとした。しかし、他の歯医者もそうだとは限らないので、油断はできない。歯医者に限らず普通の病院でも、痛くない検査や治療はとにかく大切なことだ。もう少し、患者側に立った検査や治療が望ましいと思うことがよくある。重病になるほど検査も苦しくて辛いのが多く、「死んだ方がマシだ」という声もよく聞いた。それから比べたら、歯茎の「ブスッ!」くらいで文句を言っちゃ、いかんと思うのだが。