オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「いつ完成するのか、郵便ポスト」

  f:id:yoisyotto:20200816084630j:plain f:id:yoisyotto:20200816084648j:plain f:id:yoisyotto:20200816084708j:plain f:id:yoisyotto:20200816084742j:plain
簡単に楽勝で完成できると思っていた郵便ポストの製作に取り掛かってから、もう1週間以上が経ち、お盆休みの間に出来上がると思っていたが、まだまだかかりそうだ。仮り組みをしてみたら、「これで、本当に良いのか?」と思うようになって来た。次男坊や次男坊の嫁さんに「格好いい郵便ポストを作ってる」と言ってしまったので、出来上がったのを見て、「なんだ、こりゃあ!」と笑われたくない。「こりゃあ、すごい!」と思われるものを作りたいではないか。

最初の疑問は丁番の取付方法で、フタと本体の間に隙間が空くことから、これはおかしいというか、雨や雪が中に入ってしまうのではないかと思ったことだ。これは、取付位置が間違っていたことが分かった。本当は板の幅のところに取り付けなければならないのだが、この大きな丁番では板の幅以上になるので、さらに小さな板幅に合わせた丁番にしなければならない。ということは、更に小さめの丁番の埋め込み位置を削る治具をまた作らなければならない。「面倒くさいなあ~!」。いやいや、そういうことを言ってはいけない。その過程を、急がず焦らず楽しまなければ。

仮り組みした郵便ポストを何度も見ていて触っていたら、そもそも今回の設計だと郵便物などが非常に取りずらいことに気づいた。上から投函したのを、また上から手を入れて取り出すということなので、底の方にあるものや底に横になったものを取る場合、かなり腕を上から入れて取るので、これはダメだなと思った。それで、ネットで調べた他の色々な郵便ポストを見ていると、ほとんどが下の方が開くようになっていて、上から入れた郵便物などを簡単に取り出すことが出来るようになっていた。やっぱり、これが本当だ。

それで、今まで作って来た郵便ポストをどうしようかと考えていた。また別に、新たに板の接着から始めて、新しいものを作り直すということになると、「面倒くさいなあ~!」と。いやいや、そうではないが、考えてみたら各パーツは接着していなく、ビスだけで止めてあるのでビスを外して、例えば前面の板を下から半分に切断して、下の方を開くように出来ないものかと思っている。それが出来たら、また最初から板を接着して、作り直しをしなくても良くなる。

どんな色を塗ろうかと悩んでもいる。一応、一番小さいサイズの戸外用の塗料を各4色1缶ずつ買って来た。それまで、結構上手く作ったと思っていても、最後の塗装がダメでガッカリすることが多々あったので、かなり難しい。そんなことや、この郵便ポストに入れる文字を「MAIL BOX」にするのか「POST」にするのかとか、その文字はどういう筆記体にするのか、何色にするのか、どう描くのかなどなど、考え出すとキリがない。「面倒くさいなあ~!」なんて、思ってはいけない。それがまた、楽しみではないか。

丁番はどんなサイズで、どんなものにするのか、フタに取り付けるノブはどんなものにするのか、フタがパタンと閉まるように、どんな細工をしたら良いのか?などなど、考えることが他にもたくさんあって、そうなると段々「面倒くさいなあ~!」と、億劫になってくるところが自分の困ったところで、それから先が進まなくなる。考え過ぎると、何でも先に進まなくなる。最初から完璧なものが簡単に出来ると思うこと自体が、そもそも無理なことで、最初から完璧を求め過ぎるから、途中ですぐ挫折して止めてしまうのかもしれない。

自分の叔父が、以前「俺も木工をやってみたいという気持ちがあるけど、とにかく寸法が少しでも合わないと許せない性分なので、なかなか出来ないというか、やれない」と言っていたが、その気持ちはよく分かる。完璧を求め過ぎると、結局は何もやらないか、途中ですぐあきらめる。何度も失敗して、少しずつ覚えて行くということがないので、本当の楽しみや深さも知らないで終わる。自分はそうして、今まで色々な趣味を中途半端で止めている。何度も失敗しながら考えながら、焦らずゆったりとやって行こう。

製作中の郵便ポストの画像を掲載したが、「こりゃあ、ヒドイなあ~!」と笑うことなかれ。丁番の位置も片方より、少し曲がっているのも承知の上だ。丁番の位置を間違って掘ってしまったので、フタの裏側にしている。ビスだって、ビス隠しのダボで埋めることも考えてる。そんなこたあ、分かってる。やれば出来るんだ。ただ、「面倒くさいなあ~!」と思うこの気持ちがダメなのだ。良いものは、時間も手間もかかるもんだ、と肝に銘じよう。