オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「郵便ポストの製作」

f:id:yoisyotto:20200814090205j:plain

製作中の郵便ポストの各パーツがかなり出来てきたので、クランプで押さえて仮組立てをしてみた。ところが色々と疑問点が出てきて、一時中断した。ネットで見た「主婦が作った郵便ポスト」の簡単な設計図を元に作っていたのだが、まず丁番の取付方法が設計図には書いてなかったので、自分で適当に丁番の位置を決めた。

トリマーで丁番の位置を掘り、掘り終わって丁番を合わせて、上蓋と本体を合わせてみたら、上蓋と本体の後方に隙間が出来た。これでは、雨の日や冬の日に、ポストの中に雨や雪が入って濡れてしまう。そうならないように、どうやって丁番を取り付けたらいいのかと、またネットで調べ直した。

色々と調べていたら、丁番の本体の取付位置がそもそも間違っていた。しかし、本来の位置に取り付けた場合、今回の丁番が大きすぎてはみ出してしまう。今の丁番の大きさに合わせて掘る治具も作ったばかりなのに、まったく面倒なことになった。他の木工製作の郵便ポストの画像を見ていたら、丁番の取付位置が違っていて、簡単に取り付けているのがあったので、その方がいいかもと思って来た。

それと、今製作している郵便ポストを仮組立していたら、上から郵便物を入れて上からそれを取り出すようになるのだが、幅が狭くて深さもあるので、実際に手を入れてみたら、底に横になっている郵便物などは取り出しにくく、これではどうかなあと思った。もっと幅があって広くて、底も浅い方が郵便物などを取りやすいと思ったが、これもまったく設計を変えてみて、上から郵便物を入れるが下の方から取り出す、という郵便ポストにした方がいいかなと思っている。

ということで、今製作中のは試験的に色々とやってみようと思い、ノコギリで高さを2センチほど切って短くした。それと、斜めの勾配もきつ過ぎたので、ゆるくしてみた。実際に製作してみると、自分が想像していたものと違うことが多いので、改良を重ねないとなかなか自分の思っていた通りのものにはならない。せっかく、もうすぐ完成だと楽しみにしていたが、またやり直しということだが、色々と新たな知識が増えてきて、実用的な良いものが出来てくるので、楽しみも深いものになる。

今までは、使いやすさも出来栄えもあまり考えず、ただ早く作って早く使うことばかり考えて、急ぎ過ぎていた。アメリカの絵本画家で園芸家のターシャ・テューダーの「価値のある良いことは、時間も手間もかかるもの」という言葉がある。その通りだと思う。大工(第9)どころか、第2か第3くらいの腕前だが、楽しければそれで充分だ。