オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「とんでもないオッサン、ロイ・ブキャナン」

f:id:yoisyotto:20190823101214p:plain
エリック・クラプトンとボブ・ディランの武道館でのコンサートの他にも、自分が東京に学生でいた頃は外タレラッシュだったのか、海外の大物ミュージシャンが続々と来日した。全て初来日だったようだ。まさか、この目で実際に演奏を聴き、姿を見ることができるとは思っていなかった。

そして後楽園ホールに、伝説のギタリストのロイ・ブキャナンを見にいった。他のミュージシャンのコンサートは、あまり覚えていないのにロイ・ブキャナンのコンサートだけは、今でもハッキリと覚えている。それくらい、感動したコンサートだった。

後楽園ホールは、当時は民法TVの「笑点」を収録していた、古臭くて、こじんまりとした階段型のホールだったが、これが抜群の観客との距離感ですごく良くて、音響も良かったと思う。もちろん、ロイ・ブキャナンの演奏が素晴らしかったことは、言うまでもない。

ハンチングをかぶったオッサンのようなロイ・ブキャナンが登場したが、とにかくリラックスしていて、タバコかパイプをゆっくりとふかして、それからやっと演奏を始めるという感じだ、そして演奏が終わると、またゆっくりと一服という繰り返しで、観客のことなど眼中にないようで、観客もみんな笑ってしまった。

とうとう観客席から「早くやれ!オヤジ!」という声が飛び、それで観客がみんなドーっと笑うという、何とも言えない雰囲気になった。肝心のロイ・ブキャナンもニタニタ笑っていて、時々何かつぶやいて、演奏を急ぐ風でもない。「まったく、このオヤジは!」という、憎めないオヤジだった。

それからは、一服の間に観客席から指笛がピ ューピューなるやら、掛け声はかかるやらで、観客もリラックスして楽しんでいた。きっと、ロイ・ブキャナンの地元のアメリカの小さいホールでのコンサートは、こんな感じなのかなと思った。それがまた、いいなあと思っていた。

しかし演奏が始まると、それはすさまじかった。エリック・クラプトンも、ジェフ・ベックも彼の大ファンだというのも、うなづける。ローリング・ストーンズも、メンバーに誘ったくらいだ。ジミヘンの「ヘイ・ジョー」も、すごいってもんじゃなかった。

演奏が最後の曲になり、名曲「メシアが再び」のイントロが流れると、観客も興奮して自然と立ち上がり、ステージ後方からライトが、突然パーッとロイ・ブキャナンの後方から、観客席の方に照らされた。その明かりに向かって、ギターを弾きながらロイ・ブキャナンが舞台のそでに去って行く、という心憎い演出で、自分を含む観客はもう大興奮で、歓声を上げた。

こんなに興奮したコンサートはない。「これぞ!コンサートだ!」と思った。今でも自分にとっては、忘れられない最高のコンサートだった。ところで、このロイブキャナンは1988年に公共の場所で酩酊して牢獄に入れられ、そこで自殺してしまった。残念だ。