オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「自作スピーカー、2作目!」

f:id:yoisyotto:20190803084715j:plain

ということで、2作目を作った。今度のスピーカーは、市販の組み立てキットを作ってみることにした。音工房Zというところで発売している「Z-Modena」というスピーカーユニット2個(¥6,480円)と、同社で発売している「8センチユニット用MDFバスレフキットペア(¥3,480円)」の組み合わせだ。スピーカーユニットとエンクロージャーのペアで、9,960円とかなり安いので試しに作ってみた。 

この時の組み立ては、この会社のサポートに聴いてネジを使わないで全て木工ボンドで接着して組立てた。MDF材の厚さが9ミリという薄さなので、ネジを使うのはどうかと思い聴いたのだが、対応がすごく良くてメールで丁寧に教えてもらい、木工ボンドだけで組み立てることにした。この時の経験もあり、ネジを使わなくても隙間が無いようにしっかり接着すれば、木工ボンドだけでも結構大きなエンクロージャーも作れると思った。

                           
もちろん、ネジを使うと作業速度は遥かに早くなるのだけど、塗装をする時にも外観がどうなのかなと思っている。ということで、組み立てまではスムーズに行ったのだが、この後に塗装に挑戦したら失敗失敗の連続で参ってしまった。
最初はハケで水性塗料を塗ったのだが、これがまだら模様になって汚くてひどいことになってしまった。エンクロージャーの端の方に塗料が溜まってしまうし、ハケの筋が目立つわで、もうひどい有様だ。それでも、このまだら模様が木目に見えなくもないと思ったりもしたが、何度も塗り重ねると更にそれがひどくなって手が付けられなくなった。

そして、ついに何重にも重ねた塗料を電動サンダーですべて剥がしてしまい、そこからまた塗装をどうしようかと考えていた時に、スプレー缶塗料の塗装があったと思い出し、やってみることにした。そして、吹き付け塗装をしてみると、これが何とも上手く行った。こんなにムラがなくキレイになるなんてと驚いた。少し時間が経ってから二度塗りをしたがこれがまたいい感じになったので、やっと出来たと思いホッとした。最初の塗装挑戦にしてはまあまあじゃないかと思う。

完成して音を出してみたが高音がよく出ていると思うがキンキンしていて、すこし耳障りな感じがして、スケール感も最初のスピーカーほどではなくて、最初のスピーカーユニットは10㎝で今回のは8㎝なのでこんなものなのかなと少し期待外れだった。

それと、その高音なのか低音なのかよく分からないが、最初はずっと聴いていて耳に圧を感じて疲れる音だったのが、バッフル前面板の下の隙間にバスレフキットに付属していた木片を3分の1ほど挟むとそれが無くなった。そして、その後徐々に高音のキンキンした音もやわらかくなって来た。これがエージングというものなのか?

更にこのスピーカーを聴いている内に、普段はロック、ポップス、フォークしか聴かないのだが、女性のジャズボーカルとクラシックのチェロ演奏がすごくリアルに聞こえていいと思うようになり、このスピーカーはこの方面の音作りを意図して作っているのかなと思ったりした。全然違っていたりして(笑)。 

とにかく、ハイレゾ音源の上記の女性ジャズボーカリスト「Susie Arioli」の「All the Way」と、チェロ演奏家「藤村俊介」の「ハバネラ チェロ作品集」は特にいい音と演奏で気に入っている。エージングは100時間だそうで、まだ続いていると思うので、これから音がどう変わって行くのか楽しみだ。