オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「自作スピーカー第3弾!ついに完成!」

f:id:yoisyotto:20190913075535j:plain

塗装後にスピーカーユニットと裏側のターミナルの配線をして、第3作目のスピーカーは完成した。この配線をする時にハンダ付けではなく、簡単なファストン端子というのを線の両端に取り付けてスピーカーユニットとターミナルを繋ぐのだが、これがなかなか上手く行かなくて苦労した。

1作目の時にやった接続の方法を忘れていて、こんなものだと思ってやったのが間違いだった。配線とファストン端子を圧着する専用工具でやるのだが、これが上手く行かなくてハート形に金具がきっちり締まらない。何度も何度も失敗して考えてみたら、まず締める方向が間違っていた。

それでも、どれも汚いのだが一応繋ぐことが出来たので、もうそれで完成ということにしたが後で締め方を調べてみると、やり方が間違っていたのが分かった。しかし、まあ音もきちんと出ているし、そのままでいいだろうということにした。もし、この先不具合が出たら、またスピーカーユニットとターミナルを外してやり直しすればいい。この辺がかなりいい加減だが、自分としてはこんなもんだろう。

そして、アンプと繋いで音を出してみた。「おー、キチンといい音が出るではないか!」と思ったが、高音がキンキンしている。これからエージングというのをやっていくと、この高音も角が取れるのだろう。確かに、2作目に作ったキットのスピーカーも高音が最初よりずっと角が取れて聴きやすくなった。

今回は、3ヶ月前にAmazonで買った「朗音!真空管アンプの愉悦: 特別付録:ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット (ONTOMOMOOK)」という真空管アンプに繋いでみた。この真空管アンプは外のシャーシを組立てるだけの簡単なものだったが、昔使っていたラックスの真空管プリメインアンプの音を思い出して、それから比べるとオモチャみたいなものだが欲しくて買ってみた。しかし、これもラックスマン製のものでなかなかいい音を出している。

ハイレゾの音源をCDにコピーしたのを再生して聴いてみた。ネットからダウンロードした高容量のハイレゾ音源をCDにコピーしたら、CD並みの音質になるということを何かで聞いたが、それでも音質が普通のCDよりもずっといいように感じるのは気のせいなのか?知人にも聞かせたらそう言っているので、何かが違うのだろう。

今回も色々な分野の音楽を聴いてみたが、真空管ということもあるのか、やはり女性ジャズヴォーカルが際立って良かった。もちろん、まだまだエージングをしなければ本当の音は分からないのだろうが、とにかく真空管アンプの厚みのある臨場感があった。 ということで、何とかかんとか第3作目も完成した。今回は塗装もひどくて内部の配線もひどかったが、次作はそれを改善して作ろうと思う。

昨日何かで、他の人の自作スピーカーの写真を見たが、自分とほとんど同じような大きさで塗装の色もほとんど同じだったが、ピアノ塗装のようにピカピカで素晴らしくて恥かしくなった。それから見たら、自分のは塗装というしろものではないと思ったが、自分の場合はまだまだ初心者だ。「これから!これから!」と、気を取り直した。しかし、「丁寧さよりも早さ」が信条なので、どこまでキレイに塗装できるかは分からない。

次のは、もう少しスピーカーボックスが大きいのを作ろうと思っている。またバスレフだ。その次もさらに大きなバスレフを予定している。その後は、バックロードホーンに挑戦してみようかとも考えている。スピーカーボックスもそうだが、スピーカーユニットも色々なメーカーのを試してみたいと思っている。スピーカーの製作は悩むことが多くて、出来上がってみても「こんなので本当に音が出るのか?」と毎回思うが、いい音が出てくるので驚く。これが自作スピーカーの魅力なのかもしれない。

画像は、今回のスピーカーを真空管アンプに繋いでみたところだ。プリメインアンプ、CDプレイヤー、チューナーの上にある小さいのが真空管アンプだ。ちなみに、真空管アンプ以外は、ヤフーオークションで買ったもので3台で10,000円くらいだった。真空管アンプのキットは、23,400円だった。いずれも、自作スピーカーを鳴らすために買った。スピーカーユニットを取り付けると、ひどい塗装のスピーカーボックスも何とか見れるようになった。