オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「自作スピーカー第4弾は?」

       f:id:yoisyotto:20190915100828j:plain            f:id:yoisyotto:20190915100846j:plain
今度のスピーカーは、ボックスを今までよりも一回り大きくて、後は同じ仕様のバスレフだ。高さが35センチ、横幅が22センチ、奥行き22センチの寸法。

それで、ユニットを何にしようか悩んでいる。参考にしている本は今から10年前に発刊されていて、ここに載っているユニットは今は販売されていないものばかりなので何を使っていいのか悩む。それで自分でネットで調べて、このスピーカーユニットはバスレフ向きとか、バックロードホン向きとか書いてあるのを見て、バスレフ向きというのを選択している。

実際には、それにボックスの容量とか何とかかんとかを計算してそれに有ったものということらしいが、そこまでは分からないのでだいたいこんなところでと適当だ。詳しい人からすると何やってんだと思うだろうが、まあ少しずつ徐々に覚えて行こう。

ということで、スピーカーユニットを素人考えでボックスも大きくなるのだから、ユニットも今までより大きくしようと思っている。参考にしている本では10㎝口径のものになっているが、今度は12~13㎝の口径のものでやってみたい。

調べてみると色々なメーカーのものがあり、1作目と3作目ではフォステクス製だったので、今回は違うメーカーのにしてみようかと思っている。値段もあまり高くないもので、2本で1万5千円位のものを考えている。

「コイズミ無線」のサイトを参考にして見ているが、1つ目は台湾の「Tangband」というメーカーの13㎝口径のもの。参考本にはこのメーカーのものを使うように書いてあったが同じ型番が無くなっていて、大きさも10㎝口径のものだった。

2つ目は、イタリアの「SICA」というメーカーの13㎝口径のもの。この他に本当はフォステクスの評判の良い12㎝口径のものがあったが、フォステクスは今回はやめておこうと思っているので、上記2つの中から選ぼうと思っているのだが悩んでいる。

ところで、図書館に「ステレオ」という雑誌のバックナンバーで「自作スピーカー特集」というのがあったので読んでいたら、我が家から車で30分ほどのところにある由仁町で「自作スピーカーを作る会」というのをやっているという記事が載っていたので驚き、スマホで記事を写してきた。

主催者の名前が書いてあったので、早速家に帰って来てからネットで調べてみたら、東京から移住して来て由仁町で喫茶店をやっているようだ。いつか行ってみようと思っている。恐らく、この江別市内にも自作スピーカーをやっている人がいると思うが、知り合えたら色々と教えてもらったり、知識も楽しみも倍増する。輪が広がって行くと楽しい。

今回のスピーカーボックスの材料は、前回作ったスピーカーと同じ180cm×90cmの一枚板の合板からホームセンターで寸法通りに切ってもらったものだが、やはり木が粗くて中芯が欠けていたり、小さな穴が空いていたりしたので、今回は木工用パテを使って埋めてみた。

これから、この木工パテを塗ったところも均して、さらに材料全てをやすり掛けして凹凸をなくしてきれいにしていく。そして組立ててから、さらに材料の端が出たりしているのを電動サンダーで修正して全体もキレイに均して、そして木口を今度はシーラーというのを使って埋めて均そうと思っている。そうしたら、塗料が吸い込まなくなるのでキレイに出来るのではないかと思っているが、どうなるか。