オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「佐川急便を装った、フィッシングメール」

f:id:yoisyotto:20200116205644j:plain

先般、Amazonに注文した商品があり、輸入物の洋楽CDだったので販売元から発送されていて、到着予定日がだいたいでしか分からないのだが、ソロソロ到着する頃だなと思っていた。そしたら今日、スマホのメールに「荷物を届けに来ましたが、不在でしたので配達せずに戻りました。下記より確認して下さい」という内容のメールが来ていた。その見出しの表示には携帯電話の電話番号が出ていて、配達員の電話かと思い、そこに電話してみたら「電波の届かないところにいるか…」というメッセージを繰り返すだけだった。

それで、「下記より確認して下さい」と指示されたサイトを開いてみると、背景に佐川急便のホームページが表われて、その前面に「インストールして下さい」というのが表示された。これは、佐川急便の荷物追跡ソフトのインストールかと思って、「はい」を押してインストールしようかと思ったが、以前、佐川急便の札幌センターに何度か荷物の到着確認で電話したことを思い出し、まずセンターに電話してみた。すると、すぐ「当社ではそのようなメールを送ることは一切ないので、迷惑メールだと思います」と言うので驚いた。

それからすぐそのメールを削除してネットで調べてみたら、有った有った!佐川急便を名乗るフィッシングメールが多発しているそうで、Amazonを名乗るのもあるそうだ。その被害の内容を読んで、ゾッとした。もし、言われるままにインストールをしていたら、スマホを遠隔操作されて乗っ取られ、勝手にプリペイドカートを買われたり、ヤオフクで買い物をされたり等々、とんでもないことになるみたいだ。この遠隔操作の元は、中国のサーバーだそうだ。まったく、中国はとんでもない国だ。

職場のHさんが昨日、ガラケーからスマホに変えることにしたと言う。格安スマホで、機種は中国製のファーウェイとのこと。確かに、このファーウェイのスマホは性能の割に価格が安くて、自分も去年までずっと使っていたが、以前から中国製のパソコンやスマホには得体の知れないチップが搭載されているという噂があり、それが去年米国で問題になって輸入禁止になったこともあって、自分もそれを機にファーウェイをやめて日本製のスマホに機種を変えていた。どうも中国は、得体が知れない。

それにしても、どうしてAmazonからの荷物が届くかどうかというタイミングで、このメールが来たのだろうか?Amazonに今回注文した情報が洩れているということなのだろうか?そうでなければ、仮に商品を頼んでもいない時に今回のメールが来たら、おかしいと疑うかもしれないのに、”頼んでもうソロソロ到着!”という時にメールが来たことに、大きな問題がある。なぜ、それが分かったのかだ。注文が筒抜けだったということだろうか。

そういえば、そんなようなことが今までにも何度もあったような気がする。例えば、ギターの通販サイトを見ていたら、それに関するギター販売のメールが、その後何度も届いたこともあるし、遺言状に関することをネットで調べていたら、その後すぐエンディングノートの書き方ソフトの案内メールが届いたりしたし、他にもそんなことがあった。何度も続くと、偶然ではないと思うのが普通だろう。

こちらがネットで見ていることが、どこかの誰かが見ているようで怖い。どうしたら良いものか。ウィルス対策のセキュリティソフトは、昔からインストールしてずっと使っているが油断はできない。IT関連は段々と進化して便利になって行くが、反面それを悪用する奴が必ずいるので、かなり神経を使わなければならない。

まして、自分はネットで銀行を利用しているので、大変なことにならないようにパスワードの変更などをひんぱんにやらなければならないのだけど、普段は面倒であまりやっていない。ただ、今回のようなことがあると、気持ちが悪いのでその都度パスワードは変更している。今回もまた面倒だけど、やらなければならないな。