オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「近くの中国料理店、“明珠酒家(ミンジュシュカ)”の醤油味ラーメン」

f:id:yoisyotto:20200117203038j:plain

あまりにも飾り気のないラーメン。食べかけではなく、最初に出された状態。

中華料理店のラーメンは、日本のラーメンとは少し味が違うがこれはこれで美味しくて、また久しぶりに食べてみたいと思って入ってみた。この店は、中国人がやっている店のようで、店員の女性も中国語で店の人と話していた。自分が行ったのは平日で昼番の仕事が終わった11時45分頃だったが、店の前に停まっていた車は1台だけだった。後で、数人店に入ってきたくらいで、昼12時頃でも結構空いていた。

メニューを見てもよく分からず、店の女性が水を持って来たので、その時に「ラーメンはどれ?」と聴くと、「これは味噌味、これは塩味、これは醤油味」とメニューの写真を指差して教えてくれた。それで、醤油味のラーメンにした。少し経って、そのラーメンが来たのだけど、あまりにも飾り気のないラーメンだったので驚いた。少しだけ、スープの間から豚肉を炒めたようなのが顔を見せていて、キクラゲらしいものも少し浮かんで、モヤシも若干入っていた。これで820円はどうかと思った。

スープの味はまあまあだったが、特にこれと言って美味しいということもなくて、もしまた来るとしたらチャーハンや五目焼きそばでも食べてみようかと思っていた。そして、食べ終わってレジに行ったら、メニュー表には820円と書いてあったが、900円と言われた。メニュー表のは消費税別の価格だったようだ。あのラーメンで、900円はいくらなんでも高過ぎる。これは参ったなあと思ったが、食ってしまったものは仕方がない。

後で調べてみると、この店には例の「刀削麺」があって、テレビでよく見る出刃包丁のような刃物で麺を平らに削って飛ばすものだが、ここでは ラー油の効いた辛口と醤油味が選べるそうだ。ネットでのレヴューを見ると、この「刀削麺」の評判は良いみたいで、他のメニューも評判が良いのもあった。自分は、この店では外れのメニューを食べたのかもしれない。またいつか機会があれば、「刀削麺」にチャレンジしてみたい。