オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「ロンブー田村淳の記事」

f:id:yoisyotto:20210818101541j:plain
昨日、ヤフーの記事を色々と読んでいたら、お笑い芸人ロンブーの田村淳が、亡くなったお母さんのことを語っていたインタビュー記事があった。それを読んで非常に感動したのだが、お母さんが亡くなる前の準備を徹底していたことに、すごく興味を持ち感心した。田村淳がこのときのことを書いた本「母ちゃんのフラフープ」も買って読むつもりだ。

田村淳という人は、いい意味で頭の良い人だなあとずっと思っていたが、インタビューを読んでいて、御両親もその嫁さんも性格がとても良さそうで、そういう人の周りにはそういう人が居るんだなと思った。亡くなったお母さんは癌で、余命1年と言われたそうだ。その宣告から、田村淳ともう一人の弟とで、涙のやり取りが色々とあったそうだ。

自分もお袋が余命3ヶ月と言われて病院に入院してから、姉とずっとお互いに色々と葛藤して涙ながらに語り合ったことを思い出す。同じような思いをした人なら、すぐ自分のときのことを思い出して、痛いほどその気持ちが分かるはずだ。

田村淳のお母さんは元看護士ということで、亡くなる人を多数見ていたからだと思うが、自分が亡くなるまでの手配を緻密にやっていた。具体的に「輸血、人工透析、気管切開、胃ろうなど含め、延命のための治療はしないでください。もし私が苦痛を感じているなら、モルヒネなどの痛みをやわらげるケアは、有難くお受けします」と終活ノートに書いていたそうだ。そしてモルヒネを打ったら、話が出来なくなるということも分かっていた。

自分のお袋も最後の方になると、痛みを抑えるのにモルヒネを使っていたが、それは寝たままの状態になることと、心臓が段々と弱くなって死に近づいていくことだった。会話をすることも、体の反応もなかった。生ける屍だ。モルヒネを止めたら、起き上がって意識もあって普通に話をすることが出来たが、激痛のために最後はずっとモルヒネを使っていた。

しかし、モルヒネを使って意識がないように見えても、実際には我々の話声などは聞こえていたようだ。親父や自分や姉が話しかけても反応はなかったが、孫が来て帰りに孫達が「バアチャン、また来るからね」と言った時に、お袋が手を上げて、起き上がろうとしたときは、みんなすごく驚いた。聞こえていたのだろう。必死に動かない体を動かそうとしていた。

自分の子供達には、「俺がそうなっても意識はあるんだから、病室で俺の悪口を言うなよ」と言ってある。この記事を参考に、これからやれることは色々とやっておこうと考えてる。葬式は女房と息子家族と、自分と女房のそれぞれの姉夫婦だけで行い、簡単で安いプランでやってもらい、戒名もいらない。その手配を、エンディングノートに書いておこうと思う。