オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「夏はやっぱり、カキ氷」

f:id:yoisyotto:20210722081518j:plain

ここ数日は暑くて、絶好のカキ氷日和になっている。小さい頃から、カキ氷が大好きで、我が家の子供達が小学生の頃に「アイスロボ」というカキ氷器を買って、シロップも色々と探して買い、みんなでよく食べたものだ。電動式で、カキ氷器の頭を押すとシャアシャアと白くて細かい氷が出てくる。自分も喜んだが、子供達も大喜びだった。

その後、子供達も大きくなって家から出て行ってからほとんど使っていなかったが、今回また引っ張り出して使っている。やっぱり、市販のアイスよりも食べ応えがあって、満足感が違う。器にたっぷりの削った氷を入れて、たっぷりのシロップをかけて食べるのが最高だ。今回はカルピスの濃縮タイプのオレンジとマンゴーを使っている。マンゴーは美味しいが、オレンジは今一つだ。普通のカキ氷用の市販シロップは、着色がひどくて、甘みもすごいのでダメだ。

昔、或るところでカキ氷を食べたことがあったが、このシロップが信じられないくらい美味しくて驚いたことがあった。すると、一緒にいたお袋が「このシロップは煮詰めた砂糖を混ぜて作っているんだよ」と教えてくれた。そうするとすごく美味しくなるようだ。そんなシロップは市販では無理だと思って、無添加無着色のシロップを探している。いつか、自分で作ってみようかな。それと、カキ氷の専門店があれば、一度そこで食べてみたいものだ。

そのカキ氷器を、この前遊びに来た次男坊と孫にやってしまった。しかし、カキ氷大好き人間の自分は、次男坊達が帰ったすぐ後にケーズデンキに行き、カキ氷器を買いに行った。何台か置いてあったが、手回しのが980円で有ったが、自動のは5,000円以上と高かったので買わないで帰って来た。そしてAmazonで調べたら、ちょうどタイムセールで1,980円のがあったので注文した。

カキ氷がない夏なんて、楽しみがなくなってしまう。ところで小さい頃からだが、カキ氷を食べると頭がひどく痛くなる。激痛だ。小さい頃、カキ氷を食べて頭が痛くて、床にのたうち回っていると、お袋が「バカだねえ」とゲラゲラと笑っていた。そして、痛みが治まるとまた食べ始め、そしてまた痛みが来て苦しむという繰り返しだ。今でも同じだが、それでもカキ氷は最高だ。