オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「素晴らしい図書館があった!」

     f:id:yoisyotto:20210403084151p:plain  f:id:yoisyotto:20210403084218p:plain

  f:id:yoisyotto:20210403084242p:plain  f:id:yoisyotto:20210403215440p:plain

灯台もと暗しとは、このことか! 前回、江別市内にある「北海道立図書館」と「江別情報図書館」のことを書いたが、その後、我が家から車で片道25分程の北広島市にある「北広島市図書館」に、興味本位で行ってみた。地図で確認すると「芸術文化ホール」と同じ建物になっている。スマホのナビで行ってみたが、どこか入口なのか、駐車場なのか分からず、何度もグルグルと建物の周りを走っていた。

目立たないところに駐車場のゲート機があったので、そこから入ってみた。「芸術文化ホール」は色々な催し物を行っていて、以前はギタリストの押尾コータローの公演もやっていた。かなり大きくて設備が素晴らしい、このホールの施設を以前からネットで見ていて、設備管理人の募集をしていた時には「こんなところで働けたらいいな」と思って、応募しようと思ったことがあった。

今回、駐車場から入ったのは裏口からで、中に入ると広くて長い階段があり、天井が高くて立派で、これは想像以上にすごいところだと圧倒された。階段を上がると、右側が「芸術文化ホール」の入口で、左側が図書館の入口になっていた。図書館の入口前では、手作りのパンが売られていた。

図書館の中に入ると、その様子に唖然とした。これぞ、自分が求めていた理想の図書館だと思い、信じられない気持ちだった。とにかく、広くてキレイで、天井も高く、たくさんの本も棚に整然と並べてあった。しかも、イスなどは全てリクライニングシートみたいで、布張りの立派なものだ。こんな図書館に、一度は来たかったんだよなあ。

これから、ここも利用させてもらおうと思って早速、利用者カードを作って来た。市内の人でなくても、大丈夫だった。これで、楽しみが一つ増えた。孫達がもう少し大きくなって、本に興味があるようだったら、是非、ここに連れて来て「これが図書館だよ」って、見せてやりたい。夢がある図書館だ。

とにかく、最近になって図書館を利用するようになったが、これほど素晴らしい図書館を見つけたことは、嬉しい限りだ。早速、ローリング・ストーンズの「キース・リチャーズ 自伝」を、ゆったりとしたイスに座って、時間を忘れて読んでいた。快適だ。