オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「オジサンの老化と劣化」

f:id:yoisyotto:20210306093154j:plain

今年で65歳になるが、気持ちはまだまだ若いつもりなので、自分が高齢者になったという自覚がなかなか持てないでいる。まだ、30代くらいの気持ちだろうか。しかし、人間の体の各パーツの寿命は50年と言われていて、自分の体もそれから15年も経つので、色々なパーツが錆びついて劣化して来ているのを感じる。

まず上の方から行く。頭髪は天然パーマだが、髪の毛が多くて太く、そして硬かったようで、若い頃は馴染みの床屋さんに「ハサミの刃が、ボロボロになる」と、文句を言われたことがあった。別の床屋さんでは、「髪の毛が多いのは、スケベなんだよ」と耳元でささやかれたこともあった。その自慢の髪の毛が、今は細くなってしまったようで、頭の上の方は地肌がかなり見えるようになり、禿げて来ている。

次に眉毛の両端の毛が伸びて、垂れ下がって来るので、頻繁に切っている。これは劣化と言えるのかどうか分からないが、いかにも年寄りに見えるので嫌だ。それと目だが、元々飛蚊症だったが、それが段々とひどくなり、朝から晩まで目の前を蚊が飛び交っている。それで、頻繁に目をこすったり、メガネのレンズが汚れているのかと思って拭いたりしている。自分の母親が高齢になった時に、同じことを言っていた。それと、以前から老眼だったが、近くのものが二重にダブって見づらくなった。

後は下半身の劣化だ。チンポコは小便だけの用途になり、しかも急に尿意を催すようになって漏らす寸前まで行き、少しだがパンツに染みる時がたまにある。不思議だが、台所や洗面所で水道の水をジャーと流すと、突然小便をしたくなる。我慢できなくなって、トイレに直行する。不思議だ。外で小便をしたら、ズボンのチャックの辺りがよく濡れているのは、キレが悪くなったせいなのかもしれない。

それとオナラだが、以前からガスが溜まりやすい体質で、昔からかなり放屁するほうだったが、最近は更にひどくなって来て、買い物などで出かけている時に危ないなあということがよくある。そんな時は、かなり注意して肛門を締めているが、それでも歩いていて勝手に出てしまう時があり、当初は焦って周りを見渡していたが、今はそんなことをするとかえって自分だと分かってしまうので、振り返りもしないで平然と歩き続けている。堂々としていると、自分だと思われないのではないかと思っているが、正直、もうどうでもいい。

最近、大便をした後にまだ残便感があるような時も有り、肛門の辺りに何か挟まっているような感覚の時がある。出し切れなかった大便が、まだ出口辺りに残っているのかという気もするが、その内にその感覚も無くなってくるので、また引っ込んだのかもしれない。これが、パンツに漏らすようなことになったら大変だ。以前、放屁をしようと思ったら、中身が出てパンツを汚したことも何度かあった。そういうわけで、色々なところの劣化が進んでいるようだ。