オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「只今、断捨離中!」

f:id:yoisyotto:20200621132023j:plain

家の物の総片付けをやっているが、かなり整理が進んでいる。一番、気になっていたランニングマシーンは今まで色々な人達に声をかけて「要らないか?」と聴いてきたが、みんな置くところがないということで断られ続けてきた。リサイクル・ショップにも電話して聴いてみたが、「ウチでは引き取っていない」、「年代が古いのは引き取らない」とかいうことで、結局は廃品回収業者に頼んで、5千円で引き取ってもらった。

このランニングマシーンは業務用に近い機種なので、結構大きくて非常に重く、1階の部屋から出すのにドアから出ないことが分かり、取っ手のところを分解して外し、そしてフロアーを傷つけないように下に段ボールを敷いて、何んとか部屋から、そして玄関外に引っ張り出した。元のウッドデッキの残っているところに置いたが、今度はそのウッドデッキの床板が腐って剥がれそうになっているのが分かり、また一仕事増えた。後で、全部剥がしてゴミ袋に詰めて捨てるか、以前のように近所の風呂屋さんに、引き取ってもらえるかどうか聴いてみよう。

それと、庭の花の水撒きに使っていたホースとホースリールが古くなったので、「燃えないゴミ」でそのまま捨てたが回収されなかった。置いてあったゴミ袋に紙が貼ってあって、「ホースは2メートル以内に切って、切ったホースもホースリールも、燃えるゴミで出すように」と書いてあった。普段と違う物を出す時は、江別市で発行している「ごみの捨て方」をよく読んで確認しないとダメだ。ホースリールは、グラインダーで細かく切断した。

古くて合皮の表面が剥がれ落ちて、ボロボロだったリクライニング・チェアーも捨てることにした。これもグラインダーで切断した。ただ、エアークッションになる金属の棒のところだが、以前も椅子をグラインダーで解体していたときに、この棒の部分を切ったら「バーン!」という鋭い音と同時にすごい勢いで何かが飛び出し、家の壁にぶつかった。エアーが、棒の中に圧縮されていたのだろう。空気銃のようなものか。これがもし上を向いていて、自分の目や顔に当たったり、周りに誰かいて当たったら、大変なことになっただろう。それで、今回はこの棒のところの切断はしなくても、ギリギリでゴミ袋に入ったので、そのまま捨てた。

だいたい7割方は片付いたと思うが、後はキャビネットの中の小物の整理が残っている。実は、この小物の整理が大変で数量も多くて、途中で嫌になって今まで何度も断念している。自分の性格からいうと、「これは、いつかは使うことがあるかもしれない」とか、もしこの先なにかで使うことがあったら「あのとき、捨てなければ良かった」と思って後悔するので、それも断ち切らなければならない。断捨離だ。これからは65歳という歳を考えて、5年単位で考えて行こうと思う。「後、5年以内に使うことがあるのか?」、「5年以内に逝ったときに、この残った物はどうするんだ?」と。断捨離は、まだまだ続く。