オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「内田裕也氏が消えた!」

f:id:yoisyotto:20200419135909j:plain

去年の3月に亡くなった内田裕也氏のことで、いまだに思い出すことがある。自分が学生のとき、下宿のTVでたまたま昼の奥さん向け番組をやっていたのを観たら、当時まだロックバンドのボーカルで歌っていた、内田裕也氏がゲストとして出演した。そして、他のメンバーとさっそうとスタジオに登場し、演奏を始めた。 演出効果で、彼らの立ってる下の方から大量のドライアイスの煙がモクモクと湧き上がり、ボーカルだった彼はマイクスタンドのマイクを握り締め、イントロのリズムに合わせてノリノリで体を左右に動かし、歌い始めるようとした次の瞬間、彼の姿が消えた。

「どこだ?」と探していたら、床から50センチくらいはあるドライアイスの煙の中から、マイクスタンドのマイクを持った手が、いきなりニョキっとあらわれた。なんと彼は、ドライアイスの煙の下に倒れていたのだ。ドライアイスで床が濡れていたので、滑って転んだのだろうか。確か、カカトの高い靴も履いていたと思う。そして、そのマイクスタンドを杖代わりに起き上がろうとした次の瞬間、また滑って転んだ。そして、姿がまた消えた。

その後も、何度もマイクスタンドを杖代わりに立ち上がろうとするが、滑って立ち上がれない。演奏はずっと続いている。とうとう、彼は頭に来たのか「チクショー!」と大声で叫んだ。彼の横で歌っていた女性コーラスは、そんな彼の姿を見て、横を向いて必死に笑いをこらえていたが、とうとう吹き出していた。その内、演奏は終わった。結局、内田裕也氏は「チクショー!」しか言わなかった。

そういえば、自分が師と仰ぐ泉谷しげる氏がまだフォーク歌手の頃、やはり昼の奥さん向けの生放送番組にゲスト出演したが、番組の合間にスタジオで食品の宣伝をやっていたら、「こんなもん、食えんのかよー!」と泉谷しげる氏が横から言った途端、TVがピーっと鳴って画面が真っ白になり、「只今、不適切な表現がありましたことをお詫びします」とかいうテロップが流れた、という伝説もある。当時のロックやフォークの連中には、テレビの生番組は向いていなかったようだ。