オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「再度、気功道場へ」 

f:id:yoisyotto:20200417091515j:plain

石狩市の気功道場に行ってから、5年経った2015年の12月に、苗穂の札幌厚生病院のすぐ向かいにあったビルの中にあった気功道場に、何回か通った。指導員と受講生を合わせて全部で約30名ほどで、長い準備運動が終わってから、1時間ほどの対気が始まる。

最初は、石狩の気功道場の時と同じで、何も起こらなかった。しかし、少人数で2組になって対気をやっているので回ってくるのが早く、対気する回数がかなり多くなり、それにつれて次第に異変が起きてきた。

指導員が対気をしていて自分を軽く腕で押すので、それに従って意識して後ろに下がって、後方3mほど後ろの壁に立ててあるマットに背中からぶつかっていくのだが、それが段々と回数を重ねていく内に、マット手前辺りから急激に加速して、勢いよくドーンと当るようになっていった。

この感覚が、「気をとらえた」ということなのかもしれないと思ったが、まだまだ半信半疑で、もしかしたら自分の後方への飛び方が上手くなったのか、と思ったりもした。そのうち、列に並んで待っている間に、両手が暖かくなってむくんできた感じがして、指先も少しピリピリとした感覚があったので、両方の手のひらをみると、まだら模様になって赤くなっていた。

家で気功をやっていたときにも、たまにこうなったので、気を少しとらえているのかなと思った。周りの人たちは、みんな自分よりもずっとベテランで、強い気を出しているはずなので、そのせいなのかもしれない。周りの人たちは、みんな3年以上もこの道場に通っていて、長い人は10年以上とか、中には30年間もやっているという人もいた。

2回目のときは、指導員やベテランの人達から「まだ2回目なのに、こんなに反応してすごい」と言われた。そして終わり頃になると、30年以上も気功をやっていて、この道場では一番気のパワーが強いと言われている、道場の副責任者の指導員から突然、「武術を何かやっておられたんですか?」と聞かれたので驚いた。

それで、「何もやっていません。ただ、この西野流呼吸法には昔から興味があって、今まで真似事はしていました」と答えたが、合気道などの武術をやっている人は、気をとらえるのが早いそうだ。通じるものがあるのだろう。しかし、自分のは少し嘘くさくて、照れ臭かった。

そうして初日の稽古が終わり、午後6時頃に家に着いて晩飯を食べてから、居間のソファに横になってテレビを見て30分ほどして、毎日朝晩やってるウォーキングマシーンで歩こうと思った。しかし、温泉に入った後のように体がクタクタになっていて、結局歩くのを止めてすぐ寝た。まったく激しい運動はしていないはずなのに、これほどグッタリするのかと思った。

そして、寝てからも体がホカホカと暖かいことに気づいた。これも気の影響なのかと思ったが、それこそ「気のせい?」なのかどうかは、分からない。まあ、なにを言っても実際に体感した者でないと、信じられないだろう。 

その後、この苗穂の道場も閉鎖され、結局自分ひとりで家でやるしかなくなったが、生来の無精者なので長続きしない。ずっと続けると、体がポカポカしてきて、たった10回ほどの簡単な繰り返しでも、下着はびしょびしょになるくらい汗をかく。時間にして10分くらいだ。足の底から、気がずっと体の中を通って頭の上まで通って行くのが分かる。

自分は鼻炎で鼻がすぐ詰まるが、それが気功をやると鼻の辺りを気が通ると「キュルキュル」という音がして、鼻がスーッと抜けることがある。寝つきも寝起きも良くなる気がするし、精神的にも良さそうだ。ただ、なかなか億劫で続けられないのだ。