オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「簡単な、官僚の世論操作」

f:id:yoisyotto:20200413075520j:plain

「首相官邸記者クラブ」というものがある。ここで、各新聞社や各メディアに政府の方針や色々な情報を発進しているが、そのためにどの新聞社もメディアも同じような内容の記事ばかりになっている。これは、例えば政府を批判するような記事を書くと、記者クラブから外されたり、情報を制限されたりするということがあるので、どこも画一の無難な記事を掲載するしかないそうだ。だから、今回の新型コロナウィルスのことでも、安倍首相がどんなバカなことをやっても、アホウ(麻生)がどんなバカなことを言っても、あまり批判する記事を見たことがない。

それで、新聞のそんな記事を見ている自分などは、「それほど、ひどいことでもないのかな?」と思ったりする。これほど、怒っている自分が間違っているのかなと思うこともある。しかし、ネットの世界は違った。ヤフーのニュースなどをいつも見ているが、安倍政権のおかしな政策に対する批判がたくさん出ている。しかも、この記者クラブを批判する記事もあった。やはり、おかしいと思っている人がたくさんいるのだと思った。

先般の、安倍首相の会見時の各新聞社やメディアなどの質問が、すべて事前に安倍首相に知らされていた出来合いだったことと、それと各新聞社やメディアと関係のない江川紹子さんの質問が、さえぎられて終わってしまったことなども書いてあった。質問内容が、事前に知らされていないからだ。批判をさせないということだ。安倍首相の答弁は、官僚が書いた文書を”ただ読んだだけのもの”だったのだろう。

記者クラブのことをネットで調べてみたら、かつて財務省出身の元官僚が「官僚にとって記者クラブほど便利な存在はない。ペーパーひとつで自由に操作でき、国民の世論操作だって簡単にできる」という趣旨の発言をしていたと書いてあった。まさしく、その通りだ。この記者クラブをなくそうと言っていたのが、元小泉首相だった。あれほど、新聞やテレビなどのメディアで叩かれた首相はいないのではないかと思うが、官僚と戦った代償だと自分はずっと思っている。

当時は、財務省のお抱えの学者である御用学者たちが、一斉に小泉批判や竹中批判を始めた。若手の学者で、辛辣にずっと批判していた人がいたが、経歴を見たら財務省出身だった。批判する多くの学者の書いているものを読んだし、反対に竹中氏の書いているのも読んだが、竹中氏は理路整然と数字もあげて説明しているのに対して、学者のほとんどの人達は感情論が多いように思えた。官僚のメディアの世論操作は、総動員で上記のように簡単にできるものだと思った。

官僚の都合のためではなく、本当に国民のためにやっている人を見極めることが大切だと思う。漫画家の浦沢直樹氏の「アベノマスク」の風刺画が、若者に批判されているという記事を読んで、安倍首相が意外に若者受けしているのかと驚いた。しかし、外観やパフォーマンスに惑わされることなく、官僚の情報に操作されることなく、その首相がどれだけのことをやってきたのか、やっているのかということで判断しなければならないと思う。

結局は、そのしわ寄せや恩恵は自分達に帰ってくるからだ。偉そうなことを書いてしまったが、ただ、どうも我が国の政治はおかしいぞと、やりきれない気持ちになっている。