オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「あまりにもひどい、安倍と麻生」

f:id:yoisyotto:20200411192948j:plain

今日のネットのニュースに、ソフトバンクの孫正義氏がツイッターに「米国ではコロナとの戦いで、国立感染研究所長ファウチ博士に陣頭指揮を委ねている。なぜ日本では経済再生担当大臣に指揮させてるのかなぁ...」と書いたそうだ。まったくもって、なんでこんなバカなことが、我が国で平然と行われているのだろうか。確かに経済的なことも重要になるが、それ以前にコロナウィルス対策方が先のように思えるのだが。

今までの経緯を見ていたが、安倍首相は自分でものごとを決断できない人だと思うようになった。なにをやるにしても、どこどこを通してとか、お伺いを立てることばかりだ。或る時は、「野党と相談して協力してもらって」とか言って相談したが、そのときに野党の議員が「こんな非常事態なので、我々を通さなくて首相の一存で決めてくれたらいいのに」と言ってるのをテレビで観て、やっぱりそうだよなと思った。

そして、今度はアメリカのトランプ大統領の許可を得てと、これまた大してトランプには関係のないことだと思うことでも、いちいちお伺いを立ててと、なんでも誰かにお伺いを立てなければ、気が済まないのだろうか。そして、マスクの件も現金支給の件も、自分の一存では決められず、なんでもかんでも財務官僚に聴いて、中途半端なことを国民に伝えることしか出来ない。

財務省なんか、昔からずっと念願の消費税を上げたばかりで、自分達の為の財源を増やすことに成功したから、それを少しでも使いたくないのはハッキリしている。コロナウィルスの検査のことも、厚生労働省の官僚や役人の反対で、他国から比べても検査数が全然少ないそうだ。これも、最高責任者として押し切って決断することができないでいる。やる気になれば、かなりの検査ができるそうだ。

官僚や役人にしてみたら、自分の責任になったら困るから、なんでも反対するのは当然のことで、民間の組織でも同じだ。だからこそ、トップがいるのであって、社長が全責任を取るというところから、すべてが始まる。首相も同じだ。それを今回やったのが、北海道の鈴木知事だ。鈴木知事は、高卒で夜間の大学を出た、叩き上げだ。自分で希望して夕張市長になり、実績を積み上げて、市民から慕われて、押し上げられて北海道知事になった。

格好ばかりつけて、決断の出来ない安倍首相とはものが違う。安倍首相と愚かなことばかり言っている麻生の、二世三世の世間知らずのボンボンに、我が国はメチャメチャにされている。鈴木知事を我が国の首相にしたい。何党でもいいから、立候補したら必ず票を入れる。期待していた小泉進次郎は、どうも最近はパッとしない。君達に、日本の将来はかかっている。鈴木知事と小泉進次郎氏を応援したい。