オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「老人ホームの管理人」

f:id:yoisyotto:20200409074908j:plain

今まで2ヶ所の特養老人ホームの管理人と土日祝日の受付をやった。最初の老人ホームでの管理人の仕事の時は、入居者が行きつけの病院に行く時の送迎、ボイラーや貯水槽や風呂の塩素の点検、二階三階の介護詰所への備品の配達、施設の窓の清掃、各階のフロアマットタイルの交換、棚やドアの修理、入居者の部屋の電気関係の修理、車椅子のブレーキやパンクの点検修理、送迎車の洗浄や給油、それ以外にも館内の表示や案内のPOPも作り、中庭の花壇の棚やベンチも作った。事務の手伝いもやり、電話番もやった。

ここでは、介護士の過酷な労働の実態を知ることになった。何年もやっている人はほとんどが腰痛持ちで、職業病だという。老人は体力がないので力が入らずダラーンとなるので、それがすごい重さになり、抱えると腰に負担がすごくかかるという。忙しく飛び回って介護している介護士の姿を見ると、声もかけづらいような雰囲気があった。

交代制の夜勤当番の2名の人達は、夜中に誰かがナースコールで呼び出しすると、次々と他の入居者達も呼び出しをするそうで、てんやわんやでパニックになるそうだ。翌朝、退社する時に事務所に寄って書類に記入して帰るのだが、椅子に座ったまま疲れ切った顔で下を向き「このまま、ここから動けないかもしれない」と言っていた若い女性介護士もいた。自分が辞めて3か月ほどしてから、6人の若い介護士が次々と辞めたと聴いた。老人ホームでは、こういうことが結構あるそうだ。           

特別養護老人ホームは、65歳以上の要介護で自宅での介護が困難な人が入居する施設、ということになっている。入居者で意識がハッキリとしている人は、程度も色々とあるが全体の1割もいただろうか。入社する時にはワガママな老人に苦労するというような話しも聴いたが、実際に勤めてみるとそれどころか、ほとんどが話せないような人ばかりだった。

ほとんどの入居者はそのような状態だったが、ほんの数人の男女は意識がまだハッキリしていて、何度か話をしたことがあったが、やはり話し相手がいないので寂しがっているようだった。意識がまだ少しでもある人は、早くからこういう施設に入って生活するということは孤独で、仲間もできず可哀想だと思った。

意識があるのかないのか分からず、ただ開いたままの口に介護士からスプーンで食事を流し込まれ、排泄もオムツで垂れ流しの姿を見ると、色々と考えさせられることばかりだった。この人達もかつては自分と同じように、活気にあふれた頃があったのだと、当たり前のことを何度も思った。やはり、自分はできることなら「ピンピンコロリ」がいいなあと。 

それにしても介護士への待遇は、あまりにも悪過ぎる。厚生労働省や何とか省の役人達に、一度介護士の体験を1ヶ月でもいいから、やらせてみたらどうなのだろうかと思う。最初からエリートで高給取りの役人には、介護士の実態など分かるはずがないからだ。今は介護士の学校も次々となくなっているらしい。本人よりも、親が介護士の過酷な仕事を子供にやらせたくなくて、介護士になることを反対しているそうだ。このままでは、介護士はいなくなってしまう。介護される人は、まだまだ増えて行くというのに。