オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「いつまでも上達しない、将棋」

f:id:yoisyotto:20200330054826j:plain

将棋は、小学校のときからやっている。最初は、折り畳み式の盤とプラスチックの駒でやっていた。本当の将棋だけでなく、その駒を使ったゲームも色々とやって遊んでいた。今は、専用の将棋ソフトを買ってパソコンにインストールしてやっている。その将棋ソフトのレベル設定は4級にしている。初心者用の最低ランクは10級で、最強ランクは5段まであるのだから、どれだけ自分のレベルが低いか分かる。

この4級というところがミソで、このレベルだといつもだいたい勝てるからだ。しかし、その一つ上の3級になると急に強くなり、なかなか勝てなくなる。これが面白くない。将棋に関しては、自分でも「将棋を冒とくしている」と思っている。それは、もう勝負がついていても相手の駒を出来る限り取りまくるとか、詰めが分かっているのに、わざとゆっくり遠回りしてジワジワと責めたりとかする。これが実に快感で、いかに最短で勝負を決めて詰めるかという本来の将棋から、かけ離れている。

将棋の場合は麻雀とは違って、運に左右される要素がほとんどなく、実力の差がハッキリ出るので、相手の力が上だと容赦なくとことんやられる。故に、精神的なダメージがかなり大きく、悔しさがかなりある。自分が学生のときに、叔父が将棋でもやるかと言ってきたのでやったことがあったが、自分の圧勝だった。すると、叔父が「だから、将棋は面白くないんだよなあ…。力の差がハッキリ出るからなあ…」と、悔しがってブツブツ文句を言っていたことがあった。

父親は囲碁をやっていたが、自分が中学生の頃に将棋の相手をしてやろうと言って対局したことがあったが、自分の完勝だった。すると、ムッとして「やっぱり、囲碁の方が深みがあって、単純な将棋よりずっと面白いな!お前も囲碁を覚えろ」と言っていた。二人とも、子供相手に大人げないとは思うが、それほど将棋で負けることは悔しく、ダメージも大きい。 ということで、将棋をやっているといっても、そんなことばかりやっているので、いつまで経ってもサッパリ上達しない。